京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年04月13日

金銀パラジウム合金に代わる低アレルギー耐食性合金の開発

低アレルギー耐食性合金の誕生?

従来型の金銀パラジウム合金組成をベースとして、パラジウム量を減らし生体に安全な金量を増加させて、耐食性と安全性が確保できる合金組成を明らかにする研究が現在進んでいます。
この研究の第1段階で合金の耐硫化性試験を行い、耐硫化性を評価。第2段階では合金の機械的強度について検討を行ったアマルガムミキサー。その結果、以下のような知見が得られた。
歯科抜歯用ルートエレベーター

1.合金中のパラジウム量を減らしても金添加量を増加させることにより耐硫化性は維持あるいは改善された。

2.一方、合金中の貴金属の添加比率が同じでも、銅量が多くなると硫化物層が厚くなる傾向を示した。硫化に及ぼす銅量の影響を検討するため、同一合金を表面処理によって表面組成を変化させた試料を用い、耐硫化性試験を行った歯科用ルートエレベーター。その結果、Cu濃度の低い酸洗後に比較して、Cu濃度の高い溶体化処理後や研磨処理後の試料では生成する硫化物層が厚く、Cu量が硫化に関与していた。

3.耐食性を改善するため銅量をある程度減少させた合金でも市販合金に相当する機械的性質を有することが明らかとなった。


本研究より従来型の金銀パラジウム合金よりもパラジウムを減らし金の添加量を多くした合金の耐変色性および機械的強度は従来型の金銀パラジウム合金に劣らないことが分かった歯科用切削研磨セット

今後の展開として、口腔内に長期存在した場合を想定し、合金の溶出試験を行い、溶出イオンなどアレルギー等を考慮した生物学的な面からの評価を行い、実用合金としての可能性を総合的に検討していくようです。

しかし、現在売られている『金銀パラジウム合金』は、金の含有量をなるべく減らして価格を抑えているわけです。

この金の含有量の多い合金は、高くて手が出せないかも。

関連記事

歯周病を治療すれば肝炎に進行するのを抑えられる
  



Posted by athena  at 22:54Comments(0)

2017年04月13日

今もなお増え続ける歯周病

歯周病に対する意識が低く過ぎる?

ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニーは、6月に厚生労働省が6年ぶりに発表した「平成23年歯科疾患実態調査」の結果について、慶應義塾大学医学部歯科・口腔外科教室 教授 中川種昭先生が解説した内容を公表した。

「歯科疾患実態調査」は厚生労働省が6年ごとに行っている日本人の歯科疾患に関する調査エアモーターセット。2012年に結果の概要発表が行われた平成23年歯科疾患実態調査は、1歳以上の男女4,253名(男1,812名、女2,441名)を対象に2011年11月に実施された。

オススメ商品をご覧ください:
http://www.athenadental.jp/category-2057-b0-歯科用インプラント装置.html

この調査により、8020達成者(80歳で20本以上の歯を有する者の割合)が初の30%(推計値38.3%)超え、80歳での1人平均残存歯数も13.9本と前回調査より増加していることが判明。40歳以上の全ての年齢層で前回調査(平成17年)から増えており、特に75~79歳では20ポイント以上と優位な上昇が見られたボトル付きスケーラー。一方、中~高齢者の間で歯周病などの口腔(こうくう)トラブルを抱えている割合が上昇。また、ブラッシングによる日常ケアが定着し、毎日の歯みがき回数は依然増加傾向であることが分かった。

低速ハンドピースセット


○歯科医療の進歩により、80歳で20本以上の歯は可能 この結果に対し中川先生は、前回の調査から比べると大変改善された数値となったが、安定した噛み合わせが可能な“上歯10本、下歯10本”を基準とすると、今回の80歳での平均残存歯数13.9本が20本により近づいていくことが望ましいとコメントした。 実際、歯みがき習慣の改善など口腔(こうくう)ケア意識の高まりや近代的な歯科医療により、今後も日本人の歯の残存数は増え、そう遠くない未来に8020の目標値は達成されると見ている。



しかし、歯の残存数が増えるのに伴い、ますます歯周病が増え、毎日のケアが重要となることを指摘している。 また同調査により、中等度の歯周病といわれる歯周ポケット4mm以上の人は、高齢者層(65~69歳、75歳以上)および若年層(20~24歳)の間で前回調査より増加していることが分かった。



特に80~84歳の人は、前回調査より9.3ポイント増と大幅に上昇。 この結果に対し、「日本人の残っている歯が増えているということは、当然のことながら歯周病のリスクも高まります。特に高齢者は唾液の分泌量減少や口内細菌に対する免疫力の低下、さらに、ブラッシングが以前より上手に行えなくなるなど、様々な歯周病罹患(りかん)のリスクにさらされています。高齢化の進む日本では、今後しばらくは歯周病は増加傾向を示すと考えられます」とコメント。また、若年層で歯周病が増えたことに対しては、自立して親の関与から離れたことで、歯みがきなどのセルフケアがずさんになっていることを要因のひとつとして挙げている。



○歯ブラシにデンタルフロスやマウスウォッシュを組み合わせて歯周病予防 さらに調査では、毎日2回以上歯みがきを行う人が7割以上というが判明した(1日2回48.3%、3回以上25.2%)。特に3回以上磨く人は、前回調査時より4.4ポイント増加している。



しかし、1日3回以上歯みがきをする人はまだ25%と多くないのが現状だ。 中川先生は、「歯周病や虫歯などの口腔トラブルを減少させるには、歯ブラシの届かない歯間部を掃除するデンタルフロスや、口内細菌を殺菌するマウスウォッシュなどを組み合わせることが重要です。そして、歯科の定期検診に加えて、予防意識を持って日常のオーラルケアを行うことが何よりも大切だと考えます」とコメントした。

関連記事

口腔内環境から幼児虐待を発見する
  



Posted by athena  at 22:19Comments(0)