京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年06月23日

最期まで口から食べたい~訪問歯科医の挑戦~

 東京都新宿区の住宅街。歯科医の五島朋幸さんは、リュックサックを背負って自転車で患者の家を訪問する。夫婦で診療所「ふれあい歯科ごとう」を営み、午後2時から3時間は訪問診療にあてている。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 「お邪魔します」。訪れたのは、73歳になる男性の自宅。背骨の圧迫骨折で2か月間、入院して自宅に戻ったが、足の筋肉が落ちてしまった。それに加えて肺の機能が低下し、ベッドで寝たきりの状態になり、歩いて外に出かけるのは難しい。「入れ歯が合わなくなった」ということで、五島さんに訪問診療を依頼したのだ。

五島さんはこの日、新しく作った上の総入れ歯の調整に訪れた。エアーコンプレッサー

 「新しい入れ歯はどうですか」

 「ちょっとだけ痛みがあります」

 五島さんは「カチカチかんでください」と赤い試験紙を口に入れては、かみ合わせを見て少しずつ削って調整する。入れ歯の痛みは、かみ合わせのバランスが取れていない場合が多い。前の入れ歯は20年も使っていたが、ゆるくなってしまったのだという。訪問歯科診療は、自分で歩いて受診に来られない人が対象で、五島さんは120人の家を回っているが、全員が高齢者だ。「訪問のきっかけは、入れ歯が合わなくなったという依頼がほとんど」。訪問診療を始めて20年になるが、入れ歯が合わなくなった理由が気になっている。

 「体重が落ちると、歯茎も痩せて、入れ歯が合わなくなるのです。どうして痩せたのか聞いてみると、大半が病気や骨折で入院したのがきっかけで、入院中に痩せてしまうのです」

 この日、訪問した男性患者もそうだった。「病院のベッドで寝ていると、食欲がわかなくてね」と話していた。退院してから週3回、訪問リハビリを受けて、歩いて外に出かけられるようになろうと頑張っているが、寝たきりなので食欲が戻らないのが悩みだ。

http://yaplog.jp/luccye/archive/50
  

Posted by athena  at 15:36Comments(0)

2017年06月23日

歯科で行う点滴治療「点滴バイキングfor Oral」が登場

自費診療のマーケティングを行う、株式会社エスエス・ファシリティーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐々木 威人)は、気になる身体の症状に効果のある点滴を10種類のパッケージで揃えたクリニック様向けサービス、「点滴バイキング」に、歯科医院様向けのメニュー「点滴バイキング for Oral」を追加し、2017年6月1日から販売を開始いたしました。根管長測定器

国際抗老化再生医療学会の監修のもとに開発された歯科用の点滴メニューは、歯周病や傷口・炎症の治癒などに効果が望める4種類の処方をご用意。点滴とともに症状に合わせたオリジナルサプリメントを1か月分処方することで、点滴とサプリメント、それぞれの特長を生かして患者様に有効成分を継続して摂取いただけるパッケージです。予防医療に力を入れたラインナップで、口腔内の治療のサポートになります。根管治療機器

クリニックへの導入の際には、各点滴治療のレシピ、そしてサプリメントをお渡しのほか、WEB上で専用のe-ラーニングで学んでいただけるプログラムもご用意いたしております。
また、これらの情報は国際抗老化再生医療学会に監修をいただいております。今後の新しい情報や、レシピなども学会と連携を行い、ご提供をおこなってまいります。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1498119849
  

Posted by athena  at 15:31Comments(0)