京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月04日

歯ぎしりや顎関節症に悩む人に教えたい治療

あごに痛みや違和感を覚える顎関節症、歯ぎしりや食いしばりなどに悩んでいる人は、少なからずいるでしょう。

筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることのひとつが、ボトックスという治療方法です。 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー


美容治療に使われる治療方法で、ボトックスに入っているボツリヌス菌には、筋肉をマヒさせる効果があります。現在、歯科医院でもボツリヌス菌による治療が行われるようになってきているのです。

ボトックスとは

ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の1種にA型ボツリヌス毒素というものがあります。A型ボツリヌス毒素はアセチルコリンの分泌を阻害し、一定期間の筋肉マヒを生じさせます。この作用を利用することで、シワの軽減や顔面けいれんの治療などが可能になるのです。

医療用薬品や機器のメーカーとして知られるアラガン社は、このA型ボツリヌス毒素を「ボトックス」という名前で製品化しました。ボトックスは多くの病院やクリニックで使用されていますので、A型ボツリヌス毒素自体のことをボトックスと呼ぶこともあります。 超音波スケーラー用チップ


審美歯科などを除く一般的な歯科医院では、美容目的の治療を行うことができませんが、美容目的ではなく歯科的治療目的でボトックスが使用され始めています。筋肉をマヒさせることにより、いろいろな症状の緩和につながるのです。


心房細動リスクの採点表 国立循環器病センターが公開  

Posted by athena  at 17:52Comments(0)

2017年07月04日

「虫歯から口のケガまで対応」

「海老名歯科口腔外科クリニック」(工藤雅範院長)が7月13日(木)、海老名駅近くに新規開院する。

 歯科医として15年のキャリアを持つ工藤院長。東京医科歯科大学や海老名総合病院歯科口腔外科医長として、虫歯から口腔外科手術まで数多くの難症例治療を行ってきた。 根管長測定器


 同クリニックでは「口腔外科専門医ならではの高度な治療の提供」を目指し、性能の高いクラスB滅菌器を導入しているほか、CTや生体モニター、手術室を完備。虫歯・歯周病・親知らず・インプラント・口腔腫瘍・ドライマウスなどの口の中の治療と予防や、顎関節症や口のケガにも対応していく。また、ママに嬉しいキッズスペースも設置。

 工藤院長は「身近な歯科医として、親切・安心・思いやりのある治療を提供いたします。お子様からご年配の方まで安心して受診していただけたら」と話す。
根管治療機器

内覧会では無料検診も

 院内の設備や診療方針を知ってもらうための「内覧会」が、7月8日(土)・9日(日)に開催される。時間は両日ともに、午前10時〜正午、午後1時〜4時。当日は無料検診・相談も実施。

歯科用マウスピース開発 鳥大医学部付属病院とケイケイ  

Posted by athena  at 17:48Comments(0)