京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月10日

第111回歯科医師国家試験、改定により出題数・構成など見直し

 厚生労働省は7月5日、平成30年(2018年)3月に実施される第111回歯科医師国家試験から新たに運用される事項を公表した。平成30年版歯科医師国家試験出題基準に基づき、出題数や出題構成の見直しなどを行う。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 歯科医師国家試験出題基準は昭和60年の策定以来、歯科医療・歯学教育の変化に合わせて4年ごとに改定し、内容の見直しを継続的に行っている。平成30年版歯科医師国家試験出題基準の改定は、平成28年3月に取りまとめられた「歯科医師国家試験制度改善検討部会報告書」の提言を踏まえたもの。改定された出題基準は、平成30年2月3日および4日に実施される第111回歯科医師国家試験から採用される。エアーコンプレッサー

 第111回歯科医師国家試験の出題数は、必修問題80題、一般問題(総論)100題、一般問題(各論)80題、臨床実地問題100題の計360題に見直し、受験者の負担も踏まえ解答時間も見直しを行う。また、これまで必修問題および一般問題または臨床実地問題と分かれていた出題構成について、各問題冊子に必修問題、一般問題、臨床実地問題を均等に出題するよう見直す。この見直しは、一般問題と臨床実地問題を含む連問や、診断・治療計画を論理的に思考し一連の診療行為を問うため冊子をまたいだ連問などを出題できるようにするためだという。

http://yaplog.jp/luccye/archive/61
  

Posted by athena  at 12:41Comments(0)

2017年07月10日

「デンタルスマイル部門」笑顔写真を募集開始

「デンタルスマイル部門」は、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー「著名人部門」、国民参加型の「スマイルフォトコンテスト」に続き、今回から新たに設けた歯科医師会会員(スタッフ)等を対象とした特別賞です。ベストスマイル・オブ・ザ・イヤーの原点ともいえる「”いい歯で、いい笑顔”を日本中に。」を日々取り組まれている会員等から、「オーラルケアの現場から生まれる笑顔」など、歯科の観点で撮影した「とびきりの笑顔写真」を1作品選出します。

「デンタルスマイル部門」では、歯科医師会会員(スタッフ)の他、未来の歯科界を担う歯科大学・歯学部の学生からも、実習・研究等を通じた学友や仲間達との笑顔写真を募集します。根管長測定器

応募作品

オーラルケア(や歯科)の現場から生まれる笑顔、たとえば、患者さんが治療を終え、うれしさのあまり溢れ出る笑顔、患者さんと共にしたスタッフや患者さんのご家族の笑顔、診療所内で生まれた笑顔、または歯科医師を目指す歯科大学・歯学部学生さんの実習や、仲間たちとの笑顔などの写真をお寄せ下さい。根管治療機器
*カラー・モノクロは問いません。
*メディア(CD-R、CD-RW)での郵送も可能です。
*デジタルカメラの写真データ(推奨1MB程度、最大2MBまで)、プリントならE版から2L判でお願いします。
*お1人さま何点でもご応募いただけますが、同じ作品を別タイトルにより二重応募することはできません。
*ご応募に際しては、必ずご本人(被写体)の承諾をいただいてください。
また被写体が未成年の場合は、親権者の承諾が必要です。
*応募作品は他の写真や商品の著作権問題、商標権などの知的財産権に抵触しないよう十分にご注意ください。
(例えばキャラクターのぬいぐるみ、ポスター、看板などを撮影する際にはご注意ください。)
*ご応募作品の著作権は撮影者にありますが、画像そのもののフォトコンテストにおける使用権は主催者が有します。
*受賞作品のみ、個人を特定した記事・広告に使用する場合もございます。
*コンテストの趣旨から逸脱するような媒体等への出稿は行いません。
応募条件

日本国内在住の日本歯科医師会会員及び、会員診療所に勤務するスタッフ、歯科大学、歯学部学生

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1499413186
  

Posted by athena  at 12:24Comments(0)