京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月24日

えっ!使い回ししていたの! 歯科医院の「エアタービン」で感染症の危険

都会ではコンビニよりも多いという歯科医院に感染症のリスクの盲点があることが分かった。

歯科医院で口の中に入れる医療器具の半数が交換されないまま別の患者に使用されている実態が、厚労省の調査結果で明らかになったのだ。「ビビット」では東京・銀座の池渕歯科の池渕剛院長を取材し、その不衛生な実態を探った。家庭用・歯科用超音波スケーラー

今回問題になっている医療器具は「ハンドピース」(正式名称「エアタービン」)と呼ばれる歯を削るドリルを取り付ける柄の部分。先端付近が患者の口の中へ入るため唾液が付着し交換しないまま使うと感染症を起こすリスクが高い。エアーコンプレッサー

調査結果では、「患者の都度交換している」が約半数の52%、「感染症患者と分かった場合に交換・滅菌」が17%、「状況に応じ交換・滅菌」が16%、「消毒薬で拭く」が14%だった。 もっとも、それでも改善されたという見方がある。同省が5年前調査した際は7割が交換せずに使い回ししていたという結果が出ていた。

では、なぜ患者ごとに交換せず滅菌作業を怠るのか? 池渕院長は「費用と手間の問題だと思う」と話す。

ハンドピースは1本10万円~15万円。一般的な歯科医院では、患者ごとに交換するには20本程度(200万円~300万円)、滅菌作業には121度の高温で約15分間高温処理する専用の装置(1台86万5000円)が必要だ。

http://yaplog.jp/luccye/archive/71
  

Posted by athena  at 16:24Comments(0)

2017年07月24日

日医・日歯役員意見交換会を開催

 日本医師会と日本歯科医師会は7月13日(木)、意見交換会を日本医師会館で開催しました。第2回目の開催となる今回は、平成30年度診療報酬改定に向けた現時点の課題を確認した他、▽控除対象外消費税問題▽受動喫煙の防止対策を強化・実現するための署名▽病院における歯科の配置▽2020年の東京オリンピック・パラリンピック対応―などについて、両会が共通認識を共有するべく意見交換を行いました。根管長測定器

 日本歯科医師会の堀憲郎会長は6月16日よりスタートした第二次堀執行部としての意気込みを語るとともに、「両会でより顔が見える関係の構築をする機会になればと願っている」と挨拶しました。根管治療機器

 また、日本医師会の横倉義武会長は、堀会長が就任して以来、より緊密な連携を構築するべく意見交換会を開催できていることに謝意を述べるとともに、今後の両会の協働に意欲を見せました。

 本意見交換会は、平成30年度のトリプル改定を控え、今後の医療政策に関する認識の共有などを目的に日本歯科医師会が提案し、昨年10月に第1回会議を開催しました。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1500624734  

Posted by athena  at 16:21Comments(0)

2017年07月21日

審美歯科医が教える!美しく白い歯をキープする3つの極意

どんどん高まる、ホワイトニング意識
一昔前まで「歯のホワイトニング」といえば、美容に敏感な女性のみが行うことと考えられていましたが、最近では一般にも広く定着し、多くの人が実践しています。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

女性雑誌の美容のコーナーには、エステやマッサージなどに続き、歯のホワイトニングについての記事が当たり前になってきました。また、同様に男性雑誌にもホワイトニングが多く取り上げられるようになりました。現在、美しく白い歯は男女問わず人を魅了する力を持っていて、多くの人が関心を寄せています。なぜ白い歯は、こんなにも人を惹きつけるのでしょう?それは、「清潔感が感じられるから」だと、私は思います。超音波スケーラー用チップ

洗剤のコマーシャルなどで、真っ白なシーツやシャツを見ると、爽やかな気持ちになりますね。それと同じで、白い歯は見ている人を爽やかにしてくれる効果を持っています。歯に限らず、白目や爪など、体の白くあるべき部分がきれいだと、とても健康で清々しいイメージに繋がります。

http://waterpick.hatenablog.com/entry/2017/07/20/175222
  

Posted by athena  at 16:02Comments(0)

2017年07月21日

脳梗塞、歯の細胞から薬開発へ 後日投与でも後遺症抑制

 製薬会社JCRファーマと帝人は18日、他人の歯から取り出した細胞を使った、急性期脳梗塞(こうそく)の治療薬を共同で開発すると発表した。従来の治療法は発症から数時間以内に始めなければならないが、この薬の開発が成功すれば、数日後の投与でも後遺症を抑える効果が期待できるという。根管長測定器

 脳梗塞では、血管が詰まることで脳細胞の一部が壊れるだけでなく、周辺の正常な細胞にも炎症が広がることで、言語障害など深刻な後遺症が残ることが多い。既存の治療法は、対応できる医療機関に、短時間で患者を搬送することが課題となっている。根管治療機器

 JCRによると、開発中の薬は、一定時間血流が滞っても、静脈内に入った歯髄(しずい)幹細胞が炎症を抑える役目を果たすことで、後遺症を防ぐ。すでに脳梗塞状態のマウスを使った実験では、想定した結果が出たという。両社は2018年度中に臨床試験(治験)を開始する計画だ。

 歯髄は、歯の中央にある神経組…

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/278133
  

Posted by athena  at 15:58Comments(0)

2017年07月20日

歯科医が歯ブラシを薦めないのはなぜ?歯みがきの仕方は歯科衛生士に相談すべし

 そう、多くの人に知ってほしいのは、まず「歯科衛生士」という存在だ。

「歯みがきの仕方を教えてほしいという声が多かったのですが、もし私が患者さんからそのような相談をうけたら、1分以内に終わらせようと試みます(笑)。私のような短気な歯科医ばかりではないでしょうけれども、歯科医は多忙です。その代わり、歯科衛生士に相談してあなたにあった歯のケアをすべきです」(森氏) 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

「私たち歯科衛生士は、患者さん自身が気付かない歯みがきのクセや、歯ぐきの健康についてアドバイスいたします。例えば、定期的に歯ぐきが腫れる人がいます。それは疲労が原因なのか、それとも女性ホルモンの影響で歯周病菌が活発になっているのか。またみがき残しがある場合は、適した道具を使っているのかなど、あなたのお口の担当者としてじっくりカウンセリングいたします」(光恵さん) 超音波スケーラー用チップ

 歯の治療は歯科医の仕事だが、健康を維持し病気を予防するのは歯科衛生士の仕事だ。そのため、良い歯科医院を探すなら、まず歯科衛生士が複数人在籍し、カウンセリングを行っているかに着目すべきだという。ただそのような「予防やケア」に力を入れているようなクリニックは、20~30軒に1軒というレアさだという。

http://teeths.blog.wox.cc/entry76.html
  

Posted by athena  at 16:28Comments(0)

2017年07月20日

歯科医が歯ブラシを薦めないのはなぜ?もっと早く知っていれば…怒濤の反響

 「食事の直後に歯みがきをすることは、天然の自浄成分である“唾液”の効果を殺すことになります。食後は歯ブラシよりも、大切な唾液の通り道を確保するために“フロス”で口のお手入れをした方がいいのです。このことは、歯科医の間では約10年前から知られていました。けれども未だに、食後に発泡材や研磨剤入りの歯磨剤を使って歯みがきをして唾液の力を無駄にしているばかりか、歯や歯ぐきを痛めている人もいます。この現実をなんとかしたいと思い前著を書きました」(森氏) 根管長測定器

 この森氏の信念に多くの人が感化されたわけだが、やっぱりタイトルに驚いた人も多い。誤解されかねないタイトルを付けた理由とはなにか。根管治療機器

 「思い切ったことを書かないと手に取ってもらえませんから。かなり“振り切った”タイトルだと思いましたが、本の真意を汲み取ってくれた方は多かったですね。感想で多かったのは、『なんでもっと早く教えてくれないんだ』という意見でした。歯科医に通っても真実を教えてくれないと。今作は、前著で寄せられた質問に応えるかたちで“実践編”というタイトルを付けました。具体的にどう歯の手入れをすればよいのかを記してあります」(森氏)

 『~実践編』では、歯みがきの仕方、特に歯間を磨く方法が具体的にしかもたくさん紹介されている。このきめ細かいお手入れ方法について書いたのは、森氏の夫人であり、歯科衛生士を務める森光恵さんだ。今回は、光恵さんによる解説も読みどころである。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1500450311  

Posted by athena  at 16:08Comments(0)

2017年07月19日

自力での矯正は不可能 総額の費用を事前に確認しよう

矯正の方法がわかったところで気になるのは、その値段。一般的に言われているのは、80~100万円。「高い」と思うかもしれないが、逆に極端に安いほうが心配だと中川先生は話す。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

「装置自体にお金がかかるので、80~100万円が適正料金かなと思いますね。大幅に安いと、使っている装置のどこかで『安いものを使っているのでは……』と感じてしまいます。ただ、診察料をどう含むかは歯科医の先生次第なので、事前に確認しましょう」 超音波スケーラー用チップ

矯正は月に1度は歯科医に見てもらい、計画通りにしっかり動いているかを確認したり、動き方を見て調整したりと、診察に時間とお金がかかる。毎回の診察料が最初の費用80万円に含まれていることもあるため、トータルでいくらかかるかを歯科医にきちんと説明してもらうように。

http://teeths.blog.wox.cc/entry75.html  

Posted by athena  at 15:00Comments(0)

2017年07月19日

自力での矯正は不可能 矯正の種類

矯正は固定式の「ブラケット」と「マウスピース」や「プレート」に代表される可撤式のものとに大別できる。

ブラケットは、一つひとつの歯に矯正装置をつけて動かすもの。0.1mm単位で比較的正確に細かく歯の位置を決められ、動かせる範囲も広いためキレイな歯並びを実現できる。また、長く活用されているため幅広い症例に適用できるメリットもある。根管長測定器

ただ、「歯に装置がついているのは目立って嫌だ」という人も多くいる。今は透明のブラケットや歯を動かすワイヤーが白いものもあるので、「歯に金属がずらりとついている」というかつてのイメージとは、だいぶ変わってきているという。

ブラケットを表につけたくないという人は、歯の裏側につける「舌側ブラケット矯正」という選択肢もある。だが、歯の裏側は舌がよく当たる場所なので、ブラケットの触感が気になるというデメリットもある。根管治療機器

それでは、マウスピース(インビザライン)やプレートによる矯正はどのように行うのだろうか。

「マウスピースやプレートによる矯正は、マウスピースをつけ替えながら定期的に交換したり、プレートを調整しながら少しずつ歯を動かしたりしていく治療です。約10日間ごとにマウスピースをはめ替える必要があります」

一日20時間以上つけていればよく、取り外しもできるため、食事中や歯磨き時には取り外しが可能。ブラケット矯正で起こりがちな「食べ物が歯とブラケットの間に挟まる」「歯ブラシをしにくい」といった心配がない。また、透明なマウスピースを使うため、目立ちにくいというメリットもある。ただ、歯を大きく動かす矯正には向いていないので、適用できる症例は限定的となる。

なお、歯を強制的に動かすので、ある程度の違和感(痛み)があるのは仕方ないそう。「装置を入れて1週間弱は痛いかもしれません」と中川先生。矯正の期間は個人差があるが、歯を動かす時間と保定する時間で1~3年ほど、その後長期にわたる保定を要するケースが多いとのこと。

「1年半かけて矯正をしたら、歯並びが元に戻ってしまわないよう同じ期間を保定することが望ましいです。歯は日々動いているので、歯並びがキレイになったところできちんと時間をかけて固めなくてはいけません」

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1500367458
  

Posted by athena  at 14:54Comments(0)

2017年07月18日

自分の歯が多く残っていると、健康寿命が2~3カ月長くなる

 東北大学は2017年6月28日、高齢期に歯を多く保っている人は、寿命が長いだけでなく、健康で要介護の期間が短いということを明らかにしたと発表した。同大学大学院 歯学研究科 歯科医師の松山祐輔氏によるもので、成果は6月13日、米科学誌「Journal of Dental Research」に掲載された。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 同研究では、要介護になる前の歯の本数と、寿命および健康寿命(日常生活に制限のない期間)、要介護期間の関連を調査した。日本老年学的評価研究(Japan Gerontological Evaluation Study:JAGES)の2010年調査に回答した、全国24自治体で要介護認定を受けていない65歳以上高齢者を3年間追跡したデータを分析した。調査は自記式の質問紙で行われ、歯の本数は「0本、1-9本、10-19本、20本以上」の4区分で回答した。超音波スケーラー用チップ

 これに加え、自治体のデータベースから死亡日と要介護度2以上の認定日を取得し、調査データとリンクさせて分析した。また、死亡や要介護発生への影響が考えられるその他の要因を取り除くため、分析は性別で層別化し、統計モデルによって、年齢/入れ歯の使用/教育年数/所得/既往歴/主観的健康感/転倒経験/喫煙/飲酒/歩行時間/BMI/うつなどの影響を調整(排除)した。

 調査に回答した8万5161人のうち、7万7397人(男性3万6074人/女性4万1323人)について3年間の追跡データを利用できた。分析の結果、上記の要因の影響を除いても、自分の歯が多く保たれている人は、0本の人に比べて寿命が長いだけでなく、健康寿命が長く要介護期間が短いことが分かった。その差は85歳以上で最も大きく、0本の人に比べて歯が20本以上ある人は、健康寿命が男性で92日、女性で70日長かった。寿命は男性で57日、女性で15日長くなり、要介護期間は男性が35日、女性で55日短かった。

 同成果により、歯の健康を保つことが、健康寿命の延伸と要介護期間の短縮に寄与する可能性が示された。

http://teeths.blog.wox.cc/entry74.html
  

Posted by athena  at 15:42Comments(0)

2017年07月18日

避難所で歯科医師らが口のケアを指導 福岡 朝倉

避難所での生活が長引くと食事の変化やストレスから虫歯や歯周病が悪化しやすくなることから、歯科医師などが福岡県朝倉市などの避難所を回って、口のケアにも気を配るよう指導しました。根管長測定器

この活動は、避難所での生活が長引くとストレスから抵抗力が弱まり、歯周病が悪化したり、食生活の変化によって虫歯になったりする人が増えることから、福岡県歯科医師会が始めました。根管治療機器

このうち、朝倉市杷木地区の避難所には歯科医師と歯科衛生士合わせて8人が訪れ、避難している人たちから口や歯の状態を聞き取ったうえで、アドバイスをしました。

中でも、高齢者は口の中の汚れが原因で誤えん性肺炎にかかりやすくなると指摘されているということで、歯科医師たちは「入れ歯は少なくとも1日1回は外して、歯ブラシやティッシュで拭いてください」とか「唾液は口の中をきれいに保つ働きがあるので、あごの下などを手でもむことで唾液を出やすくするとよいですよ」などと指導していました。

82歳の女性は「入れ歯が痛くなったので歯医者に行きたかったけど、車もないので我慢していました。診てもらえてありがたいです」と話していました。

歯科医師の井上文弘さんは「口の中を清潔に保つコツを伝えるなど、被災者を歯科の面からサポートしていきたい」と話しています。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1500278120
  

Posted by athena  at 15:39Comments(0)