京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月15日

音波振動ハブラシ「ドルツ」EW-DP51を発売

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、新開発の「W(ダブル)音波振動(※1)」により、高い歯垢除去力を実現(※2)した音波振動(※1)ハブラシ「ドルツ」EW-DP51を2017年9月1日より発売します。家庭用・歯科用超音波スケーラー

厚生労働省の「平成28年歯科疾患実態調査」によると、歯周病と分類される4mm以上の歯周ポケットを持つ方が35〜44歳で42.6%、45〜54歳で49.5%となり、約半数近くが歯周病に罹患しています。歯周病の原因の一つが歯と歯ぐきの境目についた歯垢です。歯垢が上手に取り除けていないと、歯垢内の細菌の排出する毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、歯周ポケットが深くなります。歯周ポケットに汚れがたまると、ポケット内の細菌はさらに力を強めます。エアーコンプレッサー

本製品は、本格オーラルケア需要にこたえる音波振動(※1)ハブラシ「ドルツ」のフラグシップモデルです。
従来のヨコ振動に、新たにタタキ振動を加えた「W音波振動(※1)」により、歯垢除去力を大幅にアップ(※2)させました。「W音波振動(※1)」に対応する「W(ダブル)クリーン」モードを新たに搭載し、歯ぐきやステインオフのできるモードなど合わせて5つのモードと6種類のブラシを組み合わせることで、歯周ポケットに潜む歯周病の原因菌をかき出すだけでなく、お口の悩みに合わせた様々なケアを実現します。

パナソニックは歯垢除去力をアップさせた本製品で、オーラルケアのニーズにこたえます。

http://yaplog.jp/luccye/archive/102
  

Posted by athena  at 15:42Comments(0)

2017年08月15日

残薬調整にとどまらない 本来の「かかりつけ薬剤師」

 筆者が検証したのは、2017年1月~3月までの3ヵ月間のデータで、期間を長くとれば、違う結果が出る可能性もある。

 また、患者からの相談に24時間対応したり、医師に処方内容の提案をするなど、「かかりつけ薬剤師」の指名にはその他の効果も期待できる。一概に費用対効果を述べることはできないが、残薬調整業務に絞ってみると、薬剤費の削減額をはるかに上回る追加コストが発生していることは無視できない。根管長測定器

 ここで考えたいのは、残薬調整は「かかりつけ薬剤師」のみに課せられている業務ではないということだ。

 通常の「薬剤服用歴管理指導料」の算定要件でも残薬の確認は義務づけられている。施設基準などから「かかりつけ薬剤師指導料」を取れなくても、おくすり手帳などを通じて継続的に丁寧な服薬指導をしている薬剤師もいる。根管治療機器

「かかりつけ薬剤師」による残薬の減額が大きいとアピールするのは、反対に高い報酬がつかなければ、積極的に残薬調整をしない薬剤師の怠慢と映りかねない。また、「かかりつけ薬剤師」を指名しないと、残薬調整してもらえないという誤解を患者に与えることにもなる。

 残薬調整も重要な業務のひとつではあるが、「かかりつけ薬剤師」に求められているのは、ひとりの患者をトータルでサポートする服薬指導のはずだ。

 薬の専門家としての立場から、一人ひとりの患者に合った医師に処方内容を提案したり、問題のある多剤投与を減らして、患者の健康に寄与することが「かかりつけ薬剤師」の役割のはずだ。

「かかりつけ薬剤師」による服薬指導には、健康保険料や税金から、通常よりも高い報酬が支払われている。残薬調整にとどまらない、本来の意味での「かかりつけ薬剤師」の役割を果たしてもらいたい。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/280338
  

Posted by athena  at 15:40Comments(0)