京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月04日

虫歯・胃腸検査・乳がん検査…

 あの検査が、治療が「痛い」から病院に行きたくない、と言う人がいる。そのため病気の発見や治療が遅れ、取り返しのつかないことになったら悔やみきれない。だが、近年は極力痛みを抑える検査や治療が生まれている。各科の「最前線」を追った。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

水に入れる乳がん検診器
 豊かではない乳房をのし梅のように伸ばして、引っ張って、挟んで……乳房X線撮影(マンモグラフィー)では毎度、“格闘”になる記者。胸が張る月経前を避けても、無痛では済まされない。ところが近い将来、痛みのない検診装置が生まれるかもしれないのだ。超音波スケーラー用チップ

 日立製作所が北海道大病院と共同で研究し、2020年の技術確立を目指しているのが「簡便・無痛・高精度」な検診装置である。

 詳細は図の通り、受診者が検査台にうつぶせになり、穴の開いたところから水入りの容器に乳房を入れると、超音波が全方向から当たり、腫瘍の硬さや粘性などを計測する。

「乳がん検診ではマンモグラフィーと、超音波診断装置(エコー)が用いられていますが、この検診装置の効果が大規模で検証された場合、他の検診手法に取って代わる可能性があります。現在のエコーより性能が高く、検査する人の技能に左右されない検査が可能と考えており、痛みや放射線被ばくを伴わない検診装置の実用化を目指します」(日立製作所研究開発グループ)

 厚労省の人口動態統計によると、昨年、乳がんで亡くなった女性は1万4130人。増加傾向にあるものの、昨年の国民生活基礎調査によると、検診受診率は36・9%(40~69歳女性)と低い。検査が無痛になることで受診率が上がり、早期発見につながるとすれば朗報だ。

 では、他の診療科では「無痛」に対する取り組みはどこまで進んでいるのだろう。

http://teeths.blog.wox.cc/entry105.html
  

Posted by athena  at 15:43Comments(0)

2017年09月04日

優勝は広島大学5年の吉野舞さん―第23回スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム

 第23回スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)が8月18日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で開催された。SCRPは歯科学生が研究成果を英語によるプレゼンテーションで競うもので、現在は世界5大陸39ヵ国で行われている。根管長測定器

 本年度の優勝者には吉野 舞氏(広島大学歯学部5年生)が選ばれ、日本歯科医師会の堀憲郎会長から優勝杯が手渡された。研究テーマは『単一細胞トランスクリプトミクスによる骨芽細胞の多様性の解析』。受賞者と演題は次の通り。根管治療機器

・準優勝:福留彩音さん(日本大学歯学部5年生)
演題『歯槽骨吸収予測指標としての歯肉溝滲出液中ストレスシグナリングの解析と臨床応用への検討』。
・基礎部門2位:松本夏さん(大阪大学歯学部4年生)
演題『オートファジー誘導にはカリウム流入を抑制するホスファターゼが必須である』。
・臨床部門2位:柳田陵介さん(東京歯科大学5年生)
演題『フッ化物微量拡散法による乳児一日フッ化物摂取量評価』

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1504257120
  

Posted by athena  at 15:40Comments(0)