京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月24日

歯ぐき下がりには、見た目の問題だけでなく、次のようなリスクがあります。

● 知覚過敏
歯ぐきが下がると、歯の根もとにある「象牙質」がむき出しの状態に。象牙質には歯の中心に向かって微細な穴があいていて、この穴を通じて冷たいものなどの刺激が神経に伝わると、しみたり、痛みを感じたりすることがあります。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

● むし歯になりやすい
歯の根もとの象牙質がむき出しになると、むし歯のリスクが高くなります。超音波スケーラー用チップ

● 歯がすり減る
象牙質はやわらかいので、歯ぐきが下がった状態で歯をゴシゴシ磨き続けると、次第に歯の根もとが削れていきます。

http://teeths.blog.wox.cc/entry128.html
  

Posted by athena  at 12:41Comments(0)

2017年10月24日

年齢とともに歯ぐきは下がる!? 気になる「歯ぐき下がり」とは?

歯を磨くと歯の根もとが痛む。鏡で歯を見たとき、なんだか歯が長くなったような気がする。それはもしかしたら、「歯ぐき下がり」のせいかも……。一度下がってしまった歯ぐきはなかなか元に戻りません。予防するには、どうすればいいのでしょう?根管長測定器

| 歯ぐきが下がると、こんなリスクが!根管治療機器

「歯ぐき下がり」とは、歯ぐきが下がって歯の根もとが露出した状態のこと。専門的には「歯肉退縮」といいます。歯が細長く見えてきたら歯ぐきが下がりはじめているかもしれません。

とくに歯ぐき下がりが起きやすいのは、上下左右ともに、前歯から3〜4本目(糸切り歯とその後ろの第一小臼歯)。ここは、歯磨きのときにハブラシの圧力がかかりやすい部分です。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/287730
  

Posted by athena  at 12:37Comments(0)