京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月31日

代用魚や成型肉といった加工・替え玉食材のウラ事情

 世はまさに情報主義社会だ。正しい情報を得るリテラシーがないものは情報弱者――「情弱」と蔑まれる。情報強者は手に入れた情報を最大限に生かし、利益を生む、そんな構図がもはや当たり前となった。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 とはいえ、知りたい情報というのは意図的に隠されることも多い。だが、隠された情報を多く知っていれば、賢い選択をする際に大きな指針となってくれるはず。

 そんな私たちの身近にある「知られたくないウラ事情」を紹介しているのが『知られたくないウラ事情「不都合な真実」 世の中の仕組み&カラクリ』(神樹兵輔/ぱる出版)だ。ちょっとお堅い「報道」「政治」「高齢化社会」のウラ話から、「占い」「宝くじ」「ガス料金」など身近なものまで幅広く収録されており、「え、そうだったの?」と思わず声に出してしまう内容も多い。超音波スケーラー用チップ

 そこで本書に紹介されている「知られたくないウラ事情」をいくつか紹介したい。

 ブラックタイガーの代用食品として売られている「バナメイエビ」が、かつてメディアを賑わせた。スーパーで売られている9割のシシャモは「カペリン」、銀ダラは「メルルーサ」という代用魚。現在スーパーなどは表示義務が課されたため、代用魚の名前をよく見るという人も多いはずだ。

 なぜ、このような代用品が世に溢れるようになったのかというと、ズバリ安いから。価格競争で安くしないと商品が売れないデフレ傾向の日本。いかにして安く、美味しい商品が提供できるか、小売業ではカギとなっている。

 他にも「本物そっくりの成型肉」「古米、古々米がおいしいお米に早変わりする方法」といった替え玉・代用食材も解説されている。企業の涙ぐましい努力と、日本の技術力の高さ、“本物”と偽らなければ売れない日本人の本物志向にビックリだ。

 個人的には身体に害がなければ、安くて美味しいのは大歓迎なのだが…いかがだろうか。

http://teeths.blog.wox.cc/entry131.html
  

Posted by athena  at 16:14Comments(0)

2017年10月31日

地域包括ケアシステムにおける歯科医療を学ぶ ―社会保険指導者研修会

平成29年度社会保険指導者研修会が10月16日、都内の日本教育会館(一ツ橋ホール)で開催された。今回のテーマは「地域の中の歯科医療(地域包括ケアシステムを中心として)」。根管長測定器

遠藤秀樹常務理事が「かかりつけ歯科医機能と医療連携」と題して講演するなど、計6人が講演や事例紹介を行い、地域歯科医療の現状や課題を共有し、理解を深めた。根管治療機器

遠藤常務理事は講演の中で、歯科医療の現状について、平成28年度診療報酬改定後の流れとして、歯科概算医療費が経年で伸びて推移していることなどを説明。また、28年度改定で新たに入ったかかりつけ歯科医機能は歯科医の「機能」の部分を評価するものであると強調し、高齢化に追いつくべく地域包括ケアシステムをスタートさせるに当たっての取り組みであるとした。さらに、かかりつけ歯科医機能についての現時点での日歯の考え方を示した他、かかりつけ医機能やかかりつけ薬剤師の機能との比較や、それに係る施設基準の届出状況、地域医療連携と病院歯科のあり方などを説明した。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/289249  

Posted by athena  at 16:11Comments(0)