京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月27日

赤ちゃんの歯、きちんと磨けてる?歯科医師が教える乳歯ケアのコツ

生後半年頃から生え始める赤ちゃんの歯。ピカピカの白い歯を虫歯から守りたいと思うのが親心だ。とはいえ、ケアはいつから始めたらよい? 今やっている方法は正しい? など疑問も多いもの。そんな悩めるパパ・ママに向けて、ベビー用品メーカーのピジョンが乳歯ケアの勉強会を実施した。勉強会のレポートと合わせて、赤ちゃんの歯磨きに関するコツを紹介する。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

いつから始めてる?赤ちゃんの歯磨き
ピジョンが妊娠中・乳幼児を持つ方920人を対象に行った調査では、99.3%が「乳歯ケアに関心がある」と回答。また、ケアを開始した時期では「前歯が生え始めてから」が68%と、半数以上のママは歯が生えてから歯磨きをスタートしている。超音波スケーラー用チップ

乳歯ケアの具体的な悩み事として、最も多かった回答は「子どもの歯がきちんとみがけているか自信がない」で72.9%。次に「子どもが歯磨きを嫌がる」(47.9%)だった。毎日行う歯磨きでも、わからないことや悩みは意外と多いようだ。

http://teeths.blog.wox.cc/entry141.html
  

Posted by athena  at 11:30Comments(0)

2017年11月27日

ヨーグルトで虫歯&歯周病予防! 口内の悪玉菌を抑制する“ロイテリ菌”とは

人間の口の中には、善玉菌と悪玉菌が同居しています。このバランスが崩れて悪玉菌が増えると、歯周病や体調不良の原因になることもあります。根管長測定器

スウェーデンのバイオガイア社の研究によって、「ロイテリ菌」という乳酸菌に、虫歯の原因となる「ミュータンス菌」を減らす効果があることが分かりました。日本でもロイテリ菌を含むヨーグルトやサプリメントの販売が始まり、多くの関心を集めています。根管治療機器

抗生物質を作り出す乳酸菌! ロイテリ菌とは

ロイテリ菌は、人間の体内に存在する菌で、ロイテリンという抗生物質を作り出します。ロイテリンには、細菌・酵母・カビ・ウイルスなどの生育を抑制する働きがあります。一方、ミュータンス菌は、グラム陽性菌のグループで、レンサ球菌という細菌の一種です。そのため、抑制効果のあるロイテリ菌を摂取すれば、ミュータンス菌を減らせるというわけです。

実際、ロイテリ菌を14日間摂取し続けたところ、口中のミュータンス菌が20%にまで減少したデータもあります。ロイテリ菌を含む食品を継続してとることで、口中の細菌バランスを整え、虫歯や歯周病を予防できるのです。

この結果を受け、日本でもロイテリ菌を含むヨーグルトやサプリメントが販売されはじめています。スーパーやドラッグストアに並んでいますので、気軽に購入できるのがうれしいですね。老若男女問わず増えている歯周病ですが、ヨーグルトならおいしく食べながら虫歯や歯周病の予防できそうです。

また、小さな子どもにはフルーツの味をつけたタブレットが食べやすそう。すでに虫歯や歯周病で悩んでいる人はもちろんのこと、これから予防していきたい人にも、ロイテリ菌を使った「菌活」を始めてみませんか?

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1511592548  

Posted by athena  at 11:27Comments(0)