京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月28日

献体された遺体は従来、医学生らの解剖学実習で使われてきた

 ただ、医師らの技術訓練に関しては明確な指針がなかったため、日本外科学会と日本解剖学会が12年にトレーニングのガイドラインを公表。生前に献体登録者と家族の承認を得て、実施する大学の倫理委員会に報告するなどの要件を満たせば可能となっていた。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 近年、患者への負担を減らそうと、腹腔鏡など内視鏡を使う手術が増加しているが、技術習得が難しいとされる。手術を受けた患者が相次いで死亡するなど、事故も起きており、技術向上は喫緊の課題となっている。一方、初期費用が高額で、トレーニングを導入する大学は一部にとどまっている。海外に渡って自費で訓練を受ける医師もおり、現場では国内での普及を求める声が上がっていた。超音波スケーラー用チップ

安全につながる サージカルトレーニングを取り入れている北海道大の七戸俊明准教授(消化器外科)の話
 内視鏡を用いた手術など新技術の導入には、扱える医師をどう育てるかが大切だ。実際の手術の前に献体された遺体で修練を積むことは、患者さんの安全にもつながる。トレーニングできる大学が増えれば、全国で高度な技術を扱える医師が増え、地方の病院でも先進的な手術を受けられるようになる。医療の地域格差も解消できるのではないか。

http://teeths.blog.wox.cc/entry142.html  

Posted by athena  at 12:25Comments(0)

2017年11月28日

献体で手術力向上 新規導入に助成

 医師や歯科医師が献体された遺体を使って手術技術の向上を目指す「サージカルトレーニング」の普及に向け、厚生労働省が、新たにトレーニングを導入する大学に財政支援をする方針を固めた。腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた患者が死亡する問題が各地で相次ぐ中、実践的な技術習得をさらに進め、医療事故の減少につなげるのが目的だ。根管長測定器

 トレーニングは医学部、歯学部がある大学の解剖学教室で可能だが、既にトレーニングを導入し、国に助成を申請している大学は4月現在で15にとどまる。根管治療機器

 厚労省は2018年度予算の概算要求に17年度の10倍以上となる5億円を盛り込み、新たに実施する大学には、専用の手術台など設備整備費用の一部を助成する。既存の制度を利用して導入している大学に対しては、医師の技術向上に関する委託費などを拡充する。

 献体運動を進める篤志解剖全国連合会によると、全国の献体登録数は増え続け、16年の生存登録者数は9万人を超える。松村譲児会長は「現役医師にも使われることで、幅広く医療界に貢献できる」と歓迎する。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1511754232  

Posted by athena  at 12:19Comments(0)

2017年11月27日

赤ちゃんの歯、きちんと磨けてる?歯科医師が教える乳歯ケアのコツ

生後半年頃から生え始める赤ちゃんの歯。ピカピカの白い歯を虫歯から守りたいと思うのが親心だ。とはいえ、ケアはいつから始めたらよい? 今やっている方法は正しい? など疑問も多いもの。そんな悩めるパパ・ママに向けて、ベビー用品メーカーのピジョンが乳歯ケアの勉強会を実施した。勉強会のレポートと合わせて、赤ちゃんの歯磨きに関するコツを紹介する。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

いつから始めてる?赤ちゃんの歯磨き
ピジョンが妊娠中・乳幼児を持つ方920人を対象に行った調査では、99.3%が「乳歯ケアに関心がある」と回答。また、ケアを開始した時期では「前歯が生え始めてから」が68%と、半数以上のママは歯が生えてから歯磨きをスタートしている。超音波スケーラー用チップ

乳歯ケアの具体的な悩み事として、最も多かった回答は「子どもの歯がきちんとみがけているか自信がない」で72.9%。次に「子どもが歯磨きを嫌がる」(47.9%)だった。毎日行う歯磨きでも、わからないことや悩みは意外と多いようだ。

http://teeths.blog.wox.cc/entry141.html
  

Posted by athena  at 11:30Comments(0)

2017年11月27日

ヨーグルトで虫歯&歯周病予防! 口内の悪玉菌を抑制する“ロイテリ菌”とは

人間の口の中には、善玉菌と悪玉菌が同居しています。このバランスが崩れて悪玉菌が増えると、歯周病や体調不良の原因になることもあります。根管長測定器

スウェーデンのバイオガイア社の研究によって、「ロイテリ菌」という乳酸菌に、虫歯の原因となる「ミュータンス菌」を減らす効果があることが分かりました。日本でもロイテリ菌を含むヨーグルトやサプリメントの販売が始まり、多くの関心を集めています。根管治療機器

抗生物質を作り出す乳酸菌! ロイテリ菌とは

ロイテリ菌は、人間の体内に存在する菌で、ロイテリンという抗生物質を作り出します。ロイテリンには、細菌・酵母・カビ・ウイルスなどの生育を抑制する働きがあります。一方、ミュータンス菌は、グラム陽性菌のグループで、レンサ球菌という細菌の一種です。そのため、抑制効果のあるロイテリ菌を摂取すれば、ミュータンス菌を減らせるというわけです。

実際、ロイテリ菌を14日間摂取し続けたところ、口中のミュータンス菌が20%にまで減少したデータもあります。ロイテリ菌を含む食品を継続してとることで、口中の細菌バランスを整え、虫歯や歯周病を予防できるのです。

この結果を受け、日本でもロイテリ菌を含むヨーグルトやサプリメントが販売されはじめています。スーパーやドラッグストアに並んでいますので、気軽に購入できるのがうれしいですね。老若男女問わず増えている歯周病ですが、ヨーグルトならおいしく食べながら虫歯や歯周病の予防できそうです。

また、小さな子どもにはフルーツの味をつけたタブレットが食べやすそう。すでに虫歯や歯周病で悩んでいる人はもちろんのこと、これから予防していきたい人にも、ロイテリ菌を使った「菌活」を始めてみませんか?

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1511592548  

Posted by athena  at 11:27Comments(0)

2017年11月25日

平成30年度の制度・予算要望について説明

 国民歯科問題議員連盟の尾辻秀久会長は本年10月の衆議院議員総選挙における歯科界の支援に対する御礼を述べた上で、平成30年度の予算、税制改正対応などについて「総選挙の影響で慌ただしい日程となっており、財務省のペースで進む恐れがあるので、気を引き締めて作業を進めていかなければならない」と挨拶しました。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 厚生労働省による30年度の歯科診療報酬改定の対応状況や歯科関係予算概算要求に係る説明の後、出席した議員から厚生労働省の姿勢や考え方を質す声や歯科医療の充実を求める意見が数多く上がりました。超音波スケーラー用チップ

 具体的には、▽歯科健診の対象年齢の拡大▽8020運動推進特別事業の拡充▽かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)や歯科訪問診療の施設基準の見直し▽中長期的な社会保障費の削減に向けての歯科の充実▽初再診料格差の是正▽産業歯科医の位置づけ▽デイサービスにおける歯科訪問診療の実施▽スポーツマウスガードの普及促進▽歯科衛生士、歯科技工士の人材確保▽歯科診療報酬の財源確保▽国民への歯科医療啓発強化―など多岐にわたりました。

http://teeths.blog.wox.cc/entry140.html  

Posted by athena  at 12:22Comments(0)

2017年11月25日

日歯、日歯連盟が30年度診療報酬改定・予算対応で要望

 日本歯科医師会と日本歯科医師連盟の役員は11月21日(火)、都内の自由民主党本部にて開催された国民歯科問題議員連盟(尾辻秀久会長、石井みどり事務局長)総会に出席し、堀憲郎・日本歯科医師会会長は高橋英登・日本歯科医師連盟会長とともに、平成30年度の歯科診療報酬改定及び歯科関係予算案に関わる歯科界としての要望内容を説明し、力添えを要請しました。根管長測定器

 要望では、堀日本歯科医師会会長が「健康寿命の延伸に向けて」と題して、歯科医療・口腔健康管理による医療の財政面での効果や、歯科界の抱える現状の課題を説明しました。その上で、歯科医療及び口腔健康管理の充実を通じて、国民の健康寿命の延伸に貢献するためにも「成人期以降の歯科健診の制度化等、生涯にわたる歯科健診の推進」など8項目の対応を求めました。根管治療機器

 村岡宜明・同専務理事は、平成30年度の制度・予算要望について説明。歯科医療の充実は医療費の財政的な側面にも貢献できるとして「健診事業の充実」の他、「医科歯科連携の拡充による歯科医療提供体制の構築」などを訴えました。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1511420837  

Posted by athena  at 12:18Comments(0)

2017年11月23日

8020達成者50%超の成果とその後の課題

 平成28年度の歯科疾患実態調査によれば、20本以上の歯を保有している80歳以上の方の割合が51.2%と半数を超えた。健康日本21(第二次)では8020達成者の割合について、平成34年度までに50%を超えることとされていた。今回の歯科疾患実態調査の結果は、目標の半分近い期間で達成されるという画期的な結果となった。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 健康日本21(第二次)は、平成25年度からの10年間の計画であり、基本的な方針については、「健康寿命の延伸と健康格差の縮小」を掲げている。健康寿命とは日常生活に制限のない期間のことであり、その延伸とは、平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加と定義している。健康格差の縮小とは、健康寿命の都道府県格差の縮小を指している。超音波スケーラー用チップ
 
8020達成者が健康日本21(第二次)の目標を超えたことは、全国各地での歯科保健の推進の成果であることはいうまでもない。同時に、8020の達成が健康寿命の延伸につながっているのか、都道府県格差をどのように縮小するのか、また、80歳で20本以上の歯を保てていない方々がまだ半数近くいることに対してどのような取り組みが必要なのか、などの課題も挙げられる。来年は、8020運動が30年の節目を迎える。

http://teeths.blog.wox.cc/entry139.html  

Posted by athena  at 12:13Comments(0)

2017年11月23日

第21回中医協・医療経済実態調査結果 (個人立歯科診療所)に対する見解

 歯科医療機関に占める個人立歯科診療所割合は79.7%(平成28年)であり、従来からこの個人立歯科診療所が地域における歯科医療提供の中心的役割を果たしてきており、現時点においても変わりはない。根管長測定器

 その個人立歯科診療所における直近2事業年結果(平成27年、28年)では、医業・介護収益はわずか0.4%の増加にとどまり、医業・介護費用は0.3%減少していた(図1)。平成28年度診療報酬改定において歯科診療報酬本体は+0.61%であったが、個人立歯科診療所における平成28年度の保険診療収益は平成27年度と比較して、0.37%増にとどまっている。また、平成20年以降における保険診療収益をみても、依然として低い水準である(図2)。平成13年以降下降傾向にあった歯科医療費は平成21年以降微増(図3)となっているが、地域歯科医療を担う個人立歯科診療所の経営状況は依然として厳しい状況が続いている。さらに直近2事業年の医業費用の内訳では、医薬品費・歯科材料費・委託費・減価償却費は減少していた(図4)。根管治療機器

 医療技術や医療機器の進歩や安全対策、感染対策のニーズに伴い、小規模な歯科医療機関に求められる設備投資や研修の対応等の負担も増えてきている現状がある。このような状況の中で、個人立歯科診療所における経営状況は、これまで繰り返し指摘している通り、既に経営努力や経費削減努力が明らかに限界に達している。安全安心を前提とした歯科医療提供体制の根幹を揺るがしかねない状況であり、加えて求められている歯科医療、口腔健康管理の充実を図るために、速やかで大胆な対応が求められる。

 最後に調査方法において、調査票記入上の負担軽減として、青色申告書を参考として集計することとなっているが、個人立歯科診療所では多くが青色申告での回答に移行している。必要なデータ収集について、有効回答率をあげる方策とともに更なる検討が必要と思われる。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1510892519  

Posted by athena  at 12:10Comments(0)

2017年11月17日

鳥取県立歯科衛生専門学校で戴帽式

鳥取市にある県立歯科衛生専門学校で戴帽式が行われ、学生たちが歯科衛生士になるための新たなスタートを切った。約1年半の基礎的な勉強を終えた学生が、実践的な技術などを学ぶ臨床実習に入る前に行われているもので、2年生22人が式に臨んだ。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

学生たちは初めてのナースキャップを頭につけた後、患者を照らす光とされるロウソクに火を灯した。ここ10年ほどは衛生面などを理由にナースキャップの着用を廃止する医療機関が多く、戴帽式をしない学校も増えているが、こちらの学校では「この機会にしっかりと気を引き締めてほしい」と戴帽式を54年続けている。超音波スケーラー用チップ

気持ちを新たにした学生たちは、12月から約1年間鳥取市内の歯科医院などで臨床実習にあたり、その後国家試験に臨むという。

http://teeths.blog.wox.cc/entry138.html
  

Posted by athena  at 11:47Comments(0)

2017年11月17日

神歯大附属病院 先進の歯科医療を知る

 今月2日に新築移転した神奈川歯科大学附属病院(小川町1の23)で、市民向けの公開講座と見学会が行われる。11月23日(木)、午前10時から。会場は同院12階の講堂。根管長測定器

 新病院に設けられた「オーラルケアセンター」や「全身管理高齢者歯科」などの特殊診療科について、その意義と医療体制を説明する。同院副院長で先進歯科医療センター教授の木本克彦氏らが登壇。講演参加者を対象に、午後12時半から院内の見学会も行う。2時半終了予定。参加無料で事前申込不要。根管治療機器

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1510823043

  

Posted by athena  at 11:41Comments(0)