京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月04日

口腔がんが産生するVEGF、VEGF-Flt-1経路を介して顎骨浸潤に関与-広島大

破骨細胞の遊走に関わるVEGF受容体「Flt-1」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

広島大学は11月15日、口腔がんが産生する血管内皮増殖因子(VEGF)がVEGF-Flt-1経路を介して破骨細胞を誘導し、顎骨浸潤に関わることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医歯薬保健学研究科口腔顎顔面病理病態学研究室の宮内睦美准教授らの研究グループによるもの。研究成果は「PLOS ONE」に掲載されている。超音波スケーラー用チップ

頭頚部がんは世界で6番目に多く、90%が扁平上皮がんで、主に口腔領域に発生する。特に歯肉の口腔がんは顎骨への浸潤を起こし、骨浸潤を起こした患者の治療は難しく、予後は悪い。

VEGFは血管内皮細胞に作用し、腫瘍血管形成を誘導することで、がんの増殖や浸潤を促進するため、がんの増殖、浸潤、転移などの悪性形質において重要な役割を担っている。VEGF受容体のひとつであるFlt-1はマクロファージや破骨細胞前駆細胞にも発現し、破骨細胞の遊走に関わることが、これまでに報告されていた。

http://waterpick.hatenablog.com/entry/2017/11/29/124714  

Posted by athena  at 15:48Comments(0)

2017年12月04日

首、肩の痛み 早めにケア 手軽にストレッチ

 長時間のパソコン作業などによる首や肩の凝り、痛み。症状がひどくなり、駆け込んだ病院で「頸椎(けいつい)症」「骨の老化現象」などと言われた人もいるだろう。湿布など処方薬だけでは思うようによくならない場合、自分で何かできることはないか。東京都中央区の整形外科医竹谷内康修(たけやちやすのぶ)さん(43)に、軽度の頸椎症の人が自宅などで手軽にできるケアについて教えてもらった。(砂本紅年) 根管長測定器

 首の骨は「頸椎」といい、7個の椎骨が積み重なってできている。頸椎症は、頸椎や、頸椎を通る神経、周囲の筋肉などの異常が原因で起きる。首の凝りや痛みはもちろん、肩や腕にも痛みやしびれなどが出る。根管治療機器

 「頸椎症と一口に言っても、症状のレベルや場所はさまざま。肩や首の凝りは軽症で、頸椎症の入り口にあたる」と竹谷内さん。ただ放置は禁物だ。腕や手にしびれや痛みの出る「頸椎症性神経根症」や、足にも症状が及ぶ「頸椎症性脊髄症」など重い症状に進むこともある。早めのケアが必要だ。

 頸椎症になる主な原因は、日頃の姿勢にある。そもそも頸椎は重さ4、5キロの頭部によって常に上から押しつぶされている。3年前に発表された外科医向けの論文によると、スマートフォンをみる姿勢で首を前に30度傾けると、背中を上に伸ばした状態の約4倍、重さにして約20キロの負荷が首にかかるという。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/294753
  

Posted by athena  at 15:45Comments(0)