京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月13日

大腸で幹細胞に逆戻り=粘液分泌、潰瘍を修復-東京医科歯科大

 大腸で粘液やホルモンを分泌する上皮細胞が幹細胞から生じた後、炎症で潰瘍ができた際に一部が幹細胞に逆戻りして修復を促すことがマウスの実験で分かった。東京医科歯科大の岡本隆一教授らが7日付の米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に発表した。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 逆戻りした幹細胞から新たに上皮細胞が生じて組織が再生するが、潰瘍性大腸炎などの患者ではこの仕組みがうまく働かないと考えられる。岡本教授は「将来は薬でうまく働くよう誘導したり、細胞をいったん体外に取り出し、幹細胞を増やしてから戻したりする治療ができればと思う」と話した。超音波スケーラー用チップ

 炎症性腸疾患が長年続くと、がんができやすくなる。マウスの大腸炎から発展したがん組織を調べると、上皮細胞から幹細胞に逆戻りするとともに、異常に増殖し続けるようになったがん幹細胞が見つかった。今後、がん幹細胞に変わるきっかけの解明が期待される。

http://luccye1.ti-da.net/e10140155.html  

Posted by athena  at 17:09Comments(0)

2017年12月13日

美しい手元で若見えに!歯科医師が教える「綺麗な手を保つ秘訣」

LAR世代の女性が気になるのは、外見が与える第一印象です。顔の表情やシワなどで若く見えることも大切ですが、手の印象も無視できません。甲のシワやふくらんだ静脈は、加齢を感じさせます。根管長測定器

皮膚そのものを若く保つ秘訣を知り、いつまでも綺麗な手でいたいと思う方も多いのではないでしょうか? 今回は、歯科医師である筆者が、女性らしく美しい手を保つお肌の仕組みと、毎日の生活で心がけるべきポイントについてご紹介します。根管治療機器

■女性らしさのポイントは性ホルモン「エストロゲン」
LAR世代の女性は、性ホルモンの微妙な低下が始まっており、これが更年期症状の出現に関わっています。また、同時期に手の甲のシワや静脈が目立ちはじめます。これは、さらに歳を重ねて65歳を過ぎると、ほぼ100%の方に見られる現象です。
性ホルモンには種類があり、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン、プロゲステロン、男性ホルモンと呼ばれるテストステロンがあります。女性も、定期的な月経周期や適度な月経量をコントロールする目的で、男性ホルモンを分泌しています。
この中で、女性らしい丸みのある身体や乳房の膨らみ、潤いのある肌やツヤのある髪にする作用を持つものが「エストロゲン」です。
皮膚とエストロゲンの関係
性ホルモンのうち、綺麗な手を維持するために必要なのはエストロゲンです。皮膚にも受容器が存在し、皮膚の弾力性や皮膚の厚みと強く関係しています。
エストロゲンが減少すると皮膚の厚みが減り、その結果皮膚は乾燥しやすくなり、弾力性も低下します。
また、エストロゲンは血管を強くし、骨を強くする働きもあります。骨量を調整することで骨吸収を抑制しているため、加齢とともに骨粗鬆症が増えることも、このホルモンの働きで説明がつきます。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/296335  

Posted by athena  at 14:58Comments(0)