京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月18日

FDIの白書と解説書が歯周病の世界的負担に対処

FDI会長のキャスリン・ケル博士は、次のように述べました。「歯周病は歯茎の病気として知られていますが、世界の成人人口の50%が侵されている非常に一般的な病気です。他の健康状態と深い関係があることが分かっていますから、これは侮れません。口腔衛生と全般的健康の専門家が同様に奨励する予防戦略を進めなくてはなりません」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

口腔衛生と全般的健康のための歯周病の予防と管理に関する白書(White Paper on Prevention and Management of Periodontal Diseases for Oral Health and General Health)は、歯周病の世界的有病率と影響に関連した主な問題点の包括的ながら簡潔な概要を口腔衛生の専門家に提供します。また原因論と病因論、この病気の予防、診断、治療を取り上げるほか、歯周病の負担に取り組む際の重要な課題を明らかにしています。超音波スケーラー用チップ

http://teeths.blog.wox.cc/entry244.html  

Posted by athena  at 11:27Comments(0)

2018年04月18日

「石仏ねっと」機能拡充 子育て、健康維持を支援

 臼杵市医師会や市などは医療・介護情報連携システム「うすき石仏ねっと」の機能を拡充した。4月から子育てを支援するスマートフォン用アプリケーションに対応した他、市外の大学病院などとも利用者情報を共有。子育て支援や健康寿命の延伸につなげる。根管長測定器

 石仏ねっとは市医師会を中心にした協議会が運営し、2008年に稼働。市内の総合病院や診療所、調剤薬局、歯科医院、介護施設、消防署など100近くの施設・団体が参加し、受診や検査記録、薬歴などを共有。最適な治療や病気予防、健康管理などにつなげる。16日現在の利用者は1万8735人と、市民の約半数に達している。根管治療機器

 新たな機能の一つは、スマホ向け母子手帳アプリ「母子(ぼし)モ」との連携。妊娠中の健康状態や乳幼児の成長などを記録できる同アプリに、市が持つ乳幼児健診データや予防接種情報などを提供。市独自の改良を加えたアプリを「ちあほっと」と名付け、複雑な予防接種のスケジュールや、子どもの発育を簡単に管理できるようにした。

 また、石仏ねっとに参加する医療機関も市外に拡大。▽大分大学医学部付属病院(由布市)▽天心堂へつぎ病院(大分市)▽津久見中央病院(津久見市)▽宇佐高田医師会病院(宇佐市)―の4病院が加入。利用者の基本情報や検査・処方データなどを共有する。豊後高田市の情報システム「高田安心ネット」とも提携した。

 16日の発表会見で、中野五郎市長は「さまざまな情報がつながることで、健康づくりがより深まっていく。石仏ねっとの普及で医療費抑制にも結び付いている」と強調。市医師会の東保裕の介会長も「子育てや健康維持にとても大きな支援となる」と述べた。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/317396  

Posted by athena  at 11:24Comments(0)