京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月23日

0~14歳の以下診療医療費が大きく増えている

次に世代別に分けた1人あたりの国民医療費を、さらに診療種類ごと分けて確認してみました。下記は国民医療費のうち医科診療医療費に限った1人あたりの医療費です。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

国民医療費全体と同様に、平成27年度も平成20年度も65歳以上の医療費や増加額が目立ちますが、増加率は7年間で6.8%しかなく、ほかの世代よりも増加率は抑制されています。

医科診療医療費に限ったことではないですが、0~14歳の増加率が高いのは、もしかしたら各自治体が力を入れて拡充してきた、子どもの医療費助成制度が影響しているのかもしれません。超音波スケーラー用チップ

多くの自治体で中学3年まで医療費の自己負担が軽くなったことで、医療機関へ行きやすくなりました。

45~64歳の歯科診療医療費は7年前と変わらず
続いて国民医療費のうち、歯科診療医療費に限った世代別1人あたりの医療費です。

歯科診療医療費は7年間の全年齢の増加率が10.4%で、医科診療医療費の半分程度の率しかありません。しかし、0~14歳の医療費は目立って増加しています。

最近は子どもの虫歯が減っていると聞いたことがあり、虫歯の増加で医療費が増加しているのではなく、予防的な治療で増加しているのかもしれません。

http://teeths.blog.wox.cc/entry248.html  

Posted by athena  at 12:52Comments(0)

2018年04月23日

誰がたくさんの医療費を使っているのか? 医療費が増加しているのは高齢者だけではない

厚生労働省の平成27年度国民医療費によると、国民医療費が前年から3.8%増えて42兆3644億円にもなっています。根管長測定器

毎年経済成長以上のスピードで増え続けていますが、いったいどこで誰がたくさんの医療費を使っているのでしょうか?

 調査結果から国民医療費と国民医療費を世代別・診療種類別に分けて、それぞれ人口1人あたりの医療費と伸び率を確認してみました。根管治療機器

65歳以上の人の医療費は平均の2倍以上
まず、平成27年度の人口1人あたりの国民医療費を世代別に分け、伸び率を確認するために7年前(平成20年度)と比較してみました。

1人あたりの医療費を、0~14歳、15~44歳、45~64歳、65歳以上に分けると、65歳以上の医療費の高さが際立っています。

65歳以上は74.2万円で、45~64歳の2.6倍にもなり、全年齢の2.2倍の額です。

ただ、病気やケガによる受療率は以前から高年層のほうが高いので、医療費に世代間の差があること自体は既知の事実です。

国民医療費の増加の要因はどの世代にあるかを確認するために、平成20年度の国民医療費と比べてみると、増加額は65歳以上が一番多いですが、増加率では65歳以上は一番低く、0~14歳が一番高くなっています。

高齢化は国民医療費が増加する要因ではありますが、一人一人を見ると、高齢者だけが医療費を増加させているのではないことがわかります。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/318640  

Posted by athena  at 12:50Comments(0)