京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月27日

「アデノイド顔貌」以外にも多い「アデノイド」起因の症状

アデノイドとは、鼻とのどのちょうど間あたり、のどちんこの上程に存在するリンパ組織のこと。アデノイドが肥大すると鼻呼吸がしにくくなり、口呼吸に。口呼吸をすると、ウイルスや細菌が取り込まれやすくなり、アデノイドがさらに肥大する。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

アデノイド顔貌は、アデノイド肥大によって口周りの筋肉バランスが乱れ、下あごが発達せず、上あごよりも後退してみる症状のこと。見た目にもわかりやすいが、このほかにも様々な症状がアデノイドによって引き起こされる場合があるという。どんな症状が起こり得るか、まずは列挙しよう。

-ろうと胸
アデノイドが肥大すると呼吸がしにくくなり、息を吸う際に従来よりも強い力が必要となる。そのため、みぞおちが凹んでしまう。女性よりも男性に多い。超音波スケーラー用チップ

-出っ歯・受け口
アデノイド肥大によって口周りの筋肉バランスが悪くなり、いつもポカンと口が開いてしまっていて、唇が歯を内側に押す力が弱いまま成長すると出っ歯に、舌の筋力が弱いために舌がいつも降りてしまっていて、下の前歯を押す癖がついたまま成長すると受け口になりやすい。

-猫背・反り腰
アデノイド肥大によって口周りのバランスが悪くなり、下あごが後退すると、体の重心を前にとろうとするため猫背に。逆に、下あごが前進すると重心を後ろにとろうとするため反り腰に。

-睡眠時無呼吸症候群
アデノイド肥大によって鼻呼吸がしにくい状態となり、口呼吸が常態化。肥満などによって就寝時舌が気道をふさぎやすくなる。

-学習障害
アデノイド肥大によって呼吸がしにくくなると、血中酸素濃度が低下。酸欠状態になり、これが幼少期の場合学習障害の原因につながっているという説もある。

http://teeths.blog.wox.cc/entry256.html  

Posted by athena  at 11:14Comments(0)

2018年04月27日

HISの「変なホテル」浜松町にお目見え 27日開業

 エイチ・アイ・エス(HIS)は25日、浜松町に開業予定のロボットホテルの「変なホテル」を公開した。6拠点目となる。ビジネスマンの利用を見込み、客室の約8割がシングルルーム。ロボットが受け付けをする医療施設も併設し、宿泊者の健康増進を支援する。健康関連商品を扱うファイテン(京都市)とも連携し、快眠につながる客室もつくった。根管長測定器

 27日に開業する。医療施設「AI(アイ)ロボクリニック」をはじめて併設する。忙しいビジネスマンなどの健康を支援する。宿泊客以外でも利用可能。医療施設の受け付けや予約管理はロボットが担う。内科・皮膚科・歯科を併設する。診察は医師が担うが、ロボットが客に健康知識を伝える役割も担う。将来は人工知能(AI)を活用した治療なども目指している。このほか、ファイテンと連携し、壁紙やカーペットにチタンを使って健康につながる客室も作った。根管治療機器

 ホテルのフロントには女性と男性の人型ロボットが並び、客を出迎える。清掃などの作業もロボットが担う。118室を擁するが、運営人数は10人ほど。人の数も今後徐々に減らす見込み。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/320616  

Posted by athena  at 11:11Comments(0)