京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月25日

インプラント費用は医院によって違う

しかし、インプラントは健康保険が適用されません。患者負担は一般的なケースで1本平均30万から40万円くらいと言われています。中には安さを売りにしたクリニックも存在します。今回はインプラント費用にまつわる実際にあった事例を紹介します。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

安田大樹さん(仮名)39歳は2年前に奥歯のブリッジがだめになり抜歯しました。かかりつけの医院でインプラント治療を勧められましたが、その時は取り外し式の入れ歯を選択。超音波スケーラー用チップ

しかしあまりにも違和感が強く使わなくなってしまいました。しばらくすると手前の歯の隙間に物が挟まるようになったり、反対側だけで長期間食事をしたりしたため、顎の違和感を覚えインプラント治療しかないと歯科医院探しを始めたそうです。

インターネットで検索すると、たくさんの歯科医院情報があふれており治療費もバラバラ。その中で大樹さんが最も興味を引いたのは「激安!」や「たったの……」の文字。費用は「1本10万円以下」とサイトで謳われていました。

他の歯科医院のインプラント治療費と比較してあきらかに安い。驚きの3分の1、いや4分の1くらいの治療費です。どうせ同じなら少しでも安いほうがいいということでその歯科医院に相談に行ったそうです。

http://teeths.blog.wox.cc/entry252.html  

Posted by athena  at 12:24Comments(0)

2018年04月25日

格安インプラント広告に釣られた男性の顛末

何らかの理由で歯を失ってしまった場合の選択肢として、入れ歯やブリッジ(両隣の歯を削り、人工歯をかぶせる治療法)などに加えインプラントも一般的になりました。インプラントとは、骨の中にチタン製の小さなネジのような人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定する治療法です。根管長測定器

もちろん天然歯に勝るものはありませんが、残念ながら抜歯しなければならなくなった場合、周囲の健康な歯を削ったり、面倒な日々の手入れをしたりすることなく元の状態を再現したいものです。根管治療機器

中高年が入れ歯のかわりにインプラントを選択するケースはもちろん、最近は若い方が健康な歯に負担をかけない治療法として希望するケースも増えてきました。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/319946  

Posted by athena  at 12:21Comments(0)

2018年04月24日

アスリートと歯の健康

 ケガをしたり、体調を崩したりすると、早め早めに医療機関を受診することが多いと思いますが、意外と見過ごされやすいのは歯の痛みや口腔内のトラブルではないでしょうか。ところが虫歯などをそのまま放置しておくと痛みだけではなく、野球のパフォーマンスそのものにも大きな影響を与えるので注意が必要です。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

【虫歯になってしまうと治療するしかない】

 アスリートは筋肉を酷使して筋線維を傷め、それが修復されることで筋力強化につながりますが、歯は一度虫歯になってしまうとそのまま放置しておいても良くなることはありません。虫歯になってしまうと治療をする以外に選択肢はなく、治療を怠っているとやがて歯の神経にまで虫歯の影響が及んで抜歯しなければならなくなります。超音波スケーラー用チップ
 抜歯をしてしまうと同じ歯は二度と再生しないため、歯を失わないように日々歯みがきなどの口腔ケアを行い、虫歯にならないように気をつけること、また虫歯になった場合は早めに治療を行い、これ以上虫歯が進行しないように対応することが大切です。トレーナーの立場からしても口腔内のトラブルについては歯科医に委ねるしかないため、気がついた時点で歯科医院を受診するようにアドバイスします。

【歯の状態が悪いとパフォーマンスに直結する】

 虫歯の状態で痛みがあるときはプレーに集中することができないと思います。これはわかりやすい例ですが、この他にも歯の状態が悪く、たとえば虫歯で自分の歯を抜歯せざるを得なくなったときなどは歯の噛み合わせが悪くなり、フォームや身体のバランスが崩れて思うような筋力発揮が出来なくなることが指摘されています。虫歯の影響で片側のあごばかりで噛むようになると、顎関節(がくかんせつ)を痛めやすくなったり、左右のバランスに影響を及ぼすことも考えられます。

http://teeths.blog.wox.cc/entry250.html  

Posted by athena  at 17:01Comments(0)

2018年04月24日

母子保健の推進に向けた歯科からの提案

日本歯科医師会地域保健I担当常務理事 高野直久

一昨年5月に改正母子保健法が成立したことに伴い、「子育て世代包括支援センター」(法律上の名称は「母子健康包括支援センター」)は昨年4月より、市町村での設置の義務等が法定化された。根管長測定器

悩みや不安を抱える子育て中の保護者に、妊娠期から子育て期にわたる支援を切れ目なく実施する同センターは、平成32年度末までに全国展開を完了する計画で、各地で立ち上げが進められているが、機能を保有するためのもので、新たに箱物が設置されるというものではない。一番の肝は、適切に保健師等を配置してきめ細かな相談支援等を行うことにより、地域における子育て世代の「安心感」を醸成することとしている。根管治療機器

このセンターに、歯科が参画して担う役割があるにもかかわらず、多くの職種に十分にそれが理解されていない状況にある。そこで、多職種協働により母子保健を推進するべく、歯科ができることを示し、歯科関係者もセンターの概要を知ることにより、スムーズに参画が進むものと思われる。また、児童虐待に関しても、従来からさらに進めた対応も考えられる。このため、公開フォーラム「多職種による母子保健の推進~歯科からの提案~」を5月20日に開催し、歯科職以外の専門家を交えたディスカッションなどを行う予定としている。母子保健に関わる立場の歯科医師には、是非参加いただきたい。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/319515  

Posted by athena  at 15:09Comments(0)

2018年04月23日

0~14歳の以下診療医療費が大きく増えている

次に世代別に分けた1人あたりの国民医療費を、さらに診療種類ごと分けて確認してみました。下記は国民医療費のうち医科診療医療費に限った1人あたりの医療費です。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

国民医療費全体と同様に、平成27年度も平成20年度も65歳以上の医療費や増加額が目立ちますが、増加率は7年間で6.8%しかなく、ほかの世代よりも増加率は抑制されています。

医科診療医療費に限ったことではないですが、0~14歳の増加率が高いのは、もしかしたら各自治体が力を入れて拡充してきた、子どもの医療費助成制度が影響しているのかもしれません。超音波スケーラー用チップ

多くの自治体で中学3年まで医療費の自己負担が軽くなったことで、医療機関へ行きやすくなりました。

45~64歳の歯科診療医療費は7年前と変わらず
続いて国民医療費のうち、歯科診療医療費に限った世代別1人あたりの医療費です。

歯科診療医療費は7年間の全年齢の増加率が10.4%で、医科診療医療費の半分程度の率しかありません。しかし、0~14歳の医療費は目立って増加しています。

最近は子どもの虫歯が減っていると聞いたことがあり、虫歯の増加で医療費が増加しているのではなく、予防的な治療で増加しているのかもしれません。

http://teeths.blog.wox.cc/entry248.html  

Posted by athena  at 12:52Comments(0)

2018年04月23日

誰がたくさんの医療費を使っているのか? 医療費が増加しているのは高齢者だけではない

厚生労働省の平成27年度国民医療費によると、国民医療費が前年から3.8%増えて42兆3644億円にもなっています。根管長測定器

毎年経済成長以上のスピードで増え続けていますが、いったいどこで誰がたくさんの医療費を使っているのでしょうか?

 調査結果から国民医療費と国民医療費を世代別・診療種類別に分けて、それぞれ人口1人あたりの医療費と伸び率を確認してみました。根管治療機器

65歳以上の人の医療費は平均の2倍以上
まず、平成27年度の人口1人あたりの国民医療費を世代別に分け、伸び率を確認するために7年前(平成20年度)と比較してみました。

1人あたりの医療費を、0~14歳、15~44歳、45~64歳、65歳以上に分けると、65歳以上の医療費の高さが際立っています。

65歳以上は74.2万円で、45~64歳の2.6倍にもなり、全年齢の2.2倍の額です。

ただ、病気やケガによる受療率は以前から高年層のほうが高いので、医療費に世代間の差があること自体は既知の事実です。

国民医療費の増加の要因はどの世代にあるかを確認するために、平成20年度の国民医療費と比べてみると、増加額は65歳以上が一番多いですが、増加率では65歳以上は一番低く、0~14歳が一番高くなっています。

高齢化は国民医療費が増加する要因ではありますが、一人一人を見ると、高齢者だけが医療費を増加させているのではないことがわかります。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/318640  

Posted by athena  at 12:50Comments(0)

2018年04月20日

9月17日を「世界患者安全の日」制定

 患者にとって安全な医療のあり方を政府高官らで議論する「閣僚級世界患者安全サミット」が13、14日東京都内で開かれ、各国が連携して医療の質の向上に努めることなどを掲げる「東京宣言」をまとめた。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 開催は今回が3回目で、44か国約500人が出席した。宣言には、医療政策においても患者の安全を優先させることや、医療事故のような有害事象を最小化する方針を盛り込んだ。毎年9月17日を「世界患者安全の日」とする。超音波スケーラー用チップ

http://teeths.blog.wox.cc/entry246.html  

Posted by athena  at 12:57Comments(0)

2018年04月20日

温罨法等において、ホットパックの不適切使用による熱傷に留意を―医療機能評価機構

 医療現場では保温や温熱療法など、さまざまな用途でホットパックを用いるが、それにより熱傷(やけど)が生じてしまった―。

 こうした事例が、2014年1月から2018年2月までに10件も報告されていることが、日本医療機能評価機構の調べで明らかになりました(機構のサイトはこちら)。ホットパックは治療等に極めて有用ですが、適切な使用がなされているか、今一度確認する必要があります。根管長測定器

 日本医療機能評価機構は、全国の医療機関(国立病院や特定機能病院等は義務づけ)から医療事故やヒヤリ・ハット事例を収集しており(医療事故情報収集等事業)(関連記事はこちらとこちらとこちら)、その中から、毎月、とくに注意すべき医療事故事例等の内容をまとめた「医療安全情報」を公表しています(最近の情報はこちらとこちらとこちら)。4月16日に公表された「No.137」では「ホットパック使用時の熱傷」がテーマとなりました。根管治療機器

 ある病院では、看護師が、ホットパックを電子レンジで加熱して専用の袋に入れ、患者の上肢に当てて温罨法を実施しました。患者は、開始からしばらくして「熱さ」を感じましたが、自分では外してよいか分からず、そのままにしていたといいます。約1時間後に看護師がホットパックを外すと、当てていた部位に発赤が生じており、皮膚科医が「低温熱傷」と診断しています。

また別の病院では、看護師が、採血が困難な患者の左前腕を温めることにしました。ホットパックは「カバーに入れる」ことになっていましたが、当該看護師はカバーに入れないまま左前腕を温め1回目の採血を実施。さらにホットパックを同一部位に当て続け、約30分後に2回目の採血を実施。その後、左前腕に発赤と水疱が生じていることに気付き、皮膚科医が「低温熱傷」と診断しています。

ホットパックは、保温や血管拡張、温熱療法など医療現場でさまざまに用いられ、温罨法として「看護師独自の判断で計画・実施ができる看護技術」とされています。ただし、適切に使用しなければ、熱傷を生じるリスクも隣り合わせにあり、機構では、▼ホットパックの取扱説明書を読み、患者の状態に合わせて使用する▼ホットパックを使用する際は、当てている部位を観察する―という基本的事項を遵守するよう求めています。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/317708  

Posted by athena  at 12:53Comments(0)

2018年04月18日

FDIの白書と解説書が歯周病の世界的負担に対処

FDI会長のキャスリン・ケル博士は、次のように述べました。「歯周病は歯茎の病気として知られていますが、世界の成人人口の50%が侵されている非常に一般的な病気です。他の健康状態と深い関係があることが分かっていますから、これは侮れません。口腔衛生と全般的健康の専門家が同様に奨励する予防戦略を進めなくてはなりません」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

口腔衛生と全般的健康のための歯周病の予防と管理に関する白書(White Paper on Prevention and Management of Periodontal Diseases for Oral Health and General Health)は、歯周病の世界的有病率と影響に関連した主な問題点の包括的ながら簡潔な概要を口腔衛生の専門家に提供します。また原因論と病因論、この病気の予防、診断、治療を取り上げるほか、歯周病の負担に取り組む際の重要な課題を明らかにしています。超音波スケーラー用チップ

http://teeths.blog.wox.cc/entry244.html  

Posted by athena  at 11:27Comments(0)

2018年04月18日

「石仏ねっと」機能拡充 子育て、健康維持を支援

 臼杵市医師会や市などは医療・介護情報連携システム「うすき石仏ねっと」の機能を拡充した。4月から子育てを支援するスマートフォン用アプリケーションに対応した他、市外の大学病院などとも利用者情報を共有。子育て支援や健康寿命の延伸につなげる。根管長測定器

 石仏ねっとは市医師会を中心にした協議会が運営し、2008年に稼働。市内の総合病院や診療所、調剤薬局、歯科医院、介護施設、消防署など100近くの施設・団体が参加し、受診や検査記録、薬歴などを共有。最適な治療や病気予防、健康管理などにつなげる。16日現在の利用者は1万8735人と、市民の約半数に達している。根管治療機器

 新たな機能の一つは、スマホ向け母子手帳アプリ「母子(ぼし)モ」との連携。妊娠中の健康状態や乳幼児の成長などを記録できる同アプリに、市が持つ乳幼児健診データや予防接種情報などを提供。市独自の改良を加えたアプリを「ちあほっと」と名付け、複雑な予防接種のスケジュールや、子どもの発育を簡単に管理できるようにした。

 また、石仏ねっとに参加する医療機関も市外に拡大。▽大分大学医学部付属病院(由布市)▽天心堂へつぎ病院(大分市)▽津久見中央病院(津久見市)▽宇佐高田医師会病院(宇佐市)―の4病院が加入。利用者の基本情報や検査・処方データなどを共有する。豊後高田市の情報システム「高田安心ネット」とも提携した。

 16日の発表会見で、中野五郎市長は「さまざまな情報がつながることで、健康づくりがより深まっていく。石仏ねっとの普及で医療費抑制にも結び付いている」と強調。市医師会の東保裕の介会長も「子育てや健康維持にとても大きな支援となる」と述べた。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/317396  

Posted by athena  at 11:24Comments(0)