京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年05月10日

広がるがん治療選択肢…胃がんの”名医”語る最先端治療

「診断技術や治療法の進歩により、近年、がん医療に大きな変化が訪れています。それとともに がんの名医 という基準も変わってきています」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
 
そう語るのは、東京医科歯科大学特任講師で医療ジャーナリストの宇山恵子さん。2人に1人がかかるといわれる 身近な 病気であるがん。これまで高額だった治療もより 身近 になってきている。超音波スケーラー用チップ
 
「4月から、公的医療保険で受けられるがん治療の選択肢が拡大。それまで自己負担で200万円ほどだったロボット支援手術は、保険適用のがんの種類が増え、胃がんや直腸がんなども対象に。10万〜50万円で手術が受けられるようになりました。また、放射線治療でも富裕層向けといわれていた最新治療法が保険適用に。高額だった治療に、手が届くようになっているのです」
 
名医にはどんな変化が?
 
「技量や実績が申し分ないことは当然ですが、患者への対応がやさしくて、物腰がやわらかいことが最近の特徴。説明がわかりやすくて質問にもすぐに答えてくれる。自分よりも患者さん第一という姿勢を崩さない人たちです」
 
そんな がん新時代 。宇山さんが「名医と呼ぶにふさわしい」と判断した医師に、最前線の 治療現場 を伺った。

http://teeths.blog.wox.cc/entry272.html  

Posted by athena  at 12:02Comments(0)

2018年05月10日

歯のかぶせ物、白が人気です 新技術+保険適用で身近に

 デジタル技術を使った新しい歯のかぶせ物の公的医療保険の適用が広がっている。白いため銀歯より自然に近く、付け替える人もいる。口腔(こうくう)内スキャナーによる型どりも保険適用されるようになると、患者の苦痛が減って製作期間も短縮できる。根管長測定器

 東京都大田区の美容師小林大輔さん(42)は、5本の歯に銀歯が入っていた。笑うと銀歯が見えるのを気にしていた。子どもにからかわれたこともあった。根管治療機器

 昭和大歯科病院(東京都大田区)で昨年2月、銀歯を白いかぶせ物に替える治療を始めた。4本は「CAD(キャド)/CAM(キャム)冠」にした。公的医療保険が使え、自己負担は1本約8千円。医療保険が適用されない1本は自費診療でセラミック冠を入れ、約8万円かかった。

 小林さんは「歯を気にせず笑えて、お客さんにも口を大きく開けて説明できるようになった」と喜ぶ。

 CADとCAMはそれぞれ、コンピューター支援による設計、加工を意味する。CAD/CAM冠はこれらの技術で造られたかぶせ物「冠」だ。それまでは、銀歯と硬質レジンジャケット冠、セラミック冠が主な選択肢だった。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/324202  

Posted by athena  at 11:59Comments(0)