京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年05月25日

患者が聞きたいのは医師ではなく先輩の声

――ご自身の治療中に患者会のようなものがあったと思いますが、参加はされなかったのですか。

 患者会は敷居が高いイメージがあったのと、本当に聞きたかったのは、同じがん体験者の先輩たちの話だったので、ほとんど参加することはありませんでした。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 通っていた病院にも患者会はありましたが、そもそも治療の前半は自分のことに精一杯で、掲示板を見る機会さえほとんどありませんでした。治療の後半になってその存在にやっと気づきましたが、内容は半年に一回の医師との食事会。治療日ではない日に、主治医以外の乳腺外科医の患者会がおしゃべり会や食事会、温泉旅行などを行っていたようです。超音波スケーラー用チップ

 ただ、望んでいたのは、がんの先輩たちの声。病院に行くと、待合室で同じ病気を治療している患者がたくさんいますが、皆シーンとしていますし、とても話せるような雰囲気ではなく、また、話せる場所もありません。ですから、治療中に病院を訪れ、不安にかられるたびに、家に帰るまでに「ワンクッション置ける場」が欲しかったのです。誰にも相談できずに、次の診察までモヤモヤした気持ちを抱える日々は、本当につらかった。病院の中で、自分の立場を理解してくれる人と話をしたかったのです。

――現在はどのような体制で情報提供室を運営していますか。

 病院の職員として勤務しているのはわたしだけで、それ以外にBECの資格を持つボランティア3人と体験者1人がいます。木曜日はオペ日なので、月、火、水、金の週4日、ボランティアスタッフと連絡帳で情報共有しながら、患者のさまざまな相談に応じています。

 相談者は、1日に4、5人はきます。そのほかにもイベントとしておしゃべり会、再発転移の会、体操教室やメイクアップ教室、試食会などもやっているので、とにかく時間が足りないというのが、目下の悩みの種です。

http://teeths.blog.wox.cc/entry288.html  

Posted by athena  at 12:46Comments(0)

2018年05月25日

看護師から患者で180度変わった価値観

――乳がんに対する正しい知識を身に着け、正しい情報にアクセスして問題解決に導く力を身に着けるための養成講座『乳がん体験者コーディネーター(BEC)』。がん患者支援団体のキャンサーネットジャパンが運営するこの資格を取得するまでの経緯を教えてください。根管長測定器

 わたしは、元看護師です。出産・子育てで一度は医療現場を離れましたが、子供が成長したことをきっかけに復職。ただ、それからすぐの2007年、乳がんになり、看護師の仕事を続けられなくなりました。

 看護師の仕事を続けられなくなったのには、もう一つの理由があります。根管治療機器

 がんになるまで、自分は看護師として患者のために精一杯のことをやれるよう努めて業務にあたっていました。ところが、自分が患者になって初めて、患者の悩みは看護師の立場で考えていたものよりももっと広く、深く、多様性があることに気付きました。「患者を支える」という概念が、それまでと180度変わりました(「支える医療」と同じ患者支援サービス「キャンサーナビゲーション」に関する記事一覧はこちら)。

 ですから、これからは自分がこれまでに気づかなかった、もっと広い視点で患者を支える仕事がしたかったのです。また、看護師のキャリアを生かしたいとも考えました。

 そんなことを考えながらたどり着いたのが、BECです。第2期生として研修を終え、講師だった土井卓子(湘南記念病院乳がんセンター長)先生からの誘いを受けて、湘南記念病院の職員として働くことになりました。

――土井先生の患者さんではなかったのですか。

 大学病院で治療を受けましたので、土井先生とはBECとのつながりがきっかけです。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/330588  

Posted by athena  at 12:44Comments(0)

2018年05月23日

なぜ?歯科医院の倒産が増加

 安定的な職業の一つとされる歯科医院の倒産がこのところ増加している。東京商工リサーチによると、2017年度の倒産件数は20件となり、前年度からほぼ2倍増(前年度比81.8%増)となった。1994年度(20件)以来、23年ぶりの20件台となった。負債総額も11億500万円(同36.2%増)と、件数増加に伴って膨らんだ格好である。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 倒産件数は、2年連続で前年度を上回っている。年度では、2015年度が7件、2016年度が11件と比較的件数が少なかったが、2017年度になって急増した形だ。負債総額は、5年ぶりに前年度を上回った。ただ、負債5億円以上の大型倒産は2年連続で発生がなく、同1億円未満が18件と、前年度の8件から2.2倍増となった。同1億円未満の構成比は90.0%で、小規模倒産が大半を占めている。超音波スケーラー用チップ

 ここに来て、なぜ歯科医院の倒産が急増しているのか。考えられるのは、小規模倒産の増大に見られるように、歯科医院は、開業時の設備投資はリース充当などで、比較的少ない自己資本で開業できるため、参入ハードルが低い。そのため、繁華街や市の中心部など人の集まりやすい地域で開業が相次ぎ、競合が激化している。一方、近年の人口減少や顧客の予防的健康志向の高まりによって、歯科医院の顧客獲得が次第に難しくなっている。

 それと見逃せないのは、人手不足倒産である。歯科医院に不可欠の歯科衛生士や医療事務資格者の確保が困難な状況になっている。

 歯科医師国家試験の合格者は毎年2,000人前後で推移している半面、日本の人口は2008年をピークに現在1億2,670万人(2017年10月1日)にまで減少し、2055年には1億人を割り込むと予測されている。歯科医院の経営環境の改善はきわめて難しいといえる。

http://teeths.blog.wox.cc/entry286.html  

Posted by athena  at 17:13Comments(0)

2018年05月23日

日本財団と日歯、ミャンマー訪問  ―TOOTH FAIRYプロジェクト

 日本財団と日歯は4月28~30日の3日間、ミャンマーを訪問し、日歯が協力している日本財団の社会貢献事業「TOOTH FAIRYプロジェクト」で支援している、タイェッゴン中学校・セイップーニーBranch中学校の開校式に出席するとともに、村の子どもたちへの歯磨き指導を実施した。根管長測定器

 29日の開校式で挨拶に立った瀬古口精良・日歯常務理事は、新しい校舎完成への祝辞を述べた上で、日歯が展開する8020運動を例に、歯と口の健康の大切さに言及。「子どもの笑顔は何よりの宝物である。すてきな笑顔を守るためにも、口腔を健康に保つことが大切。このプロジェクトを通して、日本とミャンマーの交流を深め、また日本の歯科医師としてミャンマーの人々の口腔衛生の向上に寄与したい」と述べた。根管治療機器

 開校式の後には児童約20名を対象に、歯磨き指導を実施。瀬古口常務理事は地元の保健師と一緒に、子どもたちへ指導を行った。

 30日、一行はミャンマー歯科医師会のThein Kyu会長、Myint Htain事務局長を表敬訪問。ミャンマー国内の歯科医療の現状や、歯科医師が少ない村落地域での口腔ケア啓発の取り組み、日本による支援の可能性などについて意見交換した。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/329476  

Posted by athena  at 17:10Comments(0)

2018年05月21日

定期的に歯科健診を受けている方は半数以上。歯間ケア用品も人気でオーラルケア意識高まる

[調査結果のポイント]
・厚生労働省と日本歯科医師会が推進する「8020運動」の認知度は約6割。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
・定期的な歯科健診を受けている方は、全体で半数以上。年代別では、40代が50.1%、50代が51.6%、さらに60代になると60.4%となり、年代が高くなるにつれて割合が増える。一方で20代、30代では定期的な歯科健診を受けていない方のほうが多く、20代は6割を超える。
・口内環境に関する悩みを抱えている方は半数以上で、「歯石や歯垢」が63.0%でもっとも多く、「口臭」が53.3%、「歯の黄ばみ・歯茎の色」が46.7%と続いた。超音波スケーラー用チップ
・ハミガキのときに、歯間ブラシやデンタルフロス、口臭予防などの洗口液を併用する方が3割以上。
・ハミガキ粉の売れ筋は、ライオン「クリニカ ハミガキ」や花王「クリアクリーン」が2大人気ブランドであり、新規購入者だけでみると、口臭予防をうたうライオン「NONIO ハミガキ」が人気。

毎年6月4日は「6(む)・4(し)」にちなんで日本歯科医師会が「むし歯予防の日」として制定しており、6月4日から10日までの1週間は、「歯と口の健康週間」を実施しています。それを受けて、フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy(R)」(以下POB)アンケートモニター(n=4484名 男女40代〜50代中心)を対象に、「オーラルケアに関する調査」を2018年4月12日(木)〜4月16日(月)にかけて実施しましたので、報告いたします。(調査概要は4Pに記載)

http://teeths.blog.wox.cc/entry284.html  

Posted by athena  at 16:20Comments(0)

2018年05月21日

骨と同成分の材料開発 九大、歯科で製品化

 九州大の石川邦夫教授(歯科・生体材料学)は、骨の主成分である「炭酸アパタイト」を顆粒状にした新しい人工骨材料を開発し、歯のインプラント手術にも使える製品として実用化したと発表した。根管長測定器

 インプラント手術では顎の骨に人工歯根を埋め込んだ上で人工の歯をかぶせる。顎の骨が欠けたり、足りなかったりすると体の別の骨を移植しなければならなかったが、人工材料で骨を補えれば、患者負担が大きく軽減されるとしている。根管治療機器

 粉末状の炭酸アパタイトの製造技術は以前からあったものの、粉末のまま体に入れると炎症を引き起こす難点があった。石川教授らは、粉末より粒が大きい顆粒にした炭酸カルシウムの組成の一部を置き換える方法で、顆粒の炭酸アパタイトを作ることに成功。動物への移植実験で、既存の骨とつながり、骨に置き換わることを確かめた。

 その上で、九大と東京医科歯科大、徳島大が協力し臨床試験(治験)を実施。22人の患者に新材料を移植し、計27本のインプラントを設けた。

 治験の結果は、新材料を移植して骨が太ってからインプラント手術をする方式と、インプラントと同時に新材料を移植する方式のいずれでも、患者の骨と新材料、インプラントが一体化し、力が加わってもインプラントをしっかり支える有効性が確認された。

 石川教授は「歯科では全ての骨の再建に使え、整形外科分野でも応用できる。移植した新材料に造血機能など骨の生物学的機能を担わせることも目指したい」と話す。

 新材料を使った製品は歯科材料・機器の製造販売会社「ジーシー」(東京)の骨補てん材「サイトランス グラニュール」。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/328661  

Posted by athena  at 16:14Comments(0)

2018年05月18日

区歯科医師会 無料で歯科健診 2歳〜未就学児対象に

 神奈川区歯科医師会(杉本達也会長)と神奈川福祉保健センターは6月14日(木)、区役所5階大会議室で無料フッ素塗布と歯科健診を行う。時間は午後1時から3時まで。対象は区内在住の2歳〜未就学児が対象となる。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 区歯科医師会らは、歯と口の健康週間(6月4日〜10日)に合わせて毎年健診を行っている。当日は、むし歯予防に歯を強くするフッ素塗布を行うほか、歯科健診や歯みがきアドバイス、歯科矯正相談を実施する。超音波スケーラー用チップ

 区歯科医師会は「フッ素を塗ってむし歯を予防しましょう」と呼びかける。問合わせは、神奈川福祉保健センター健康づくり係【電話】045・411・7138へ。

http://teeths.blog.wox.cc/entry282.html  

Posted by athena  at 16:09Comments(0)

2018年05月18日

社保費抑制、数値見送り 19~21年度

 政府は6月に策定する新たな財政健全化計画で、2019~21年度の3カ年について、社会保障費の伸びを抑制する数値目標を明記しない調整に入った。16~18年度は3年間で1・5兆円の伸びに抑えるという「目安」を掲げていた。費用の伸びを高齢化による自然増の範囲内に収めるという考え方は維持する方針。財政健全化計画は、6月に決定する「骨太の方針」に盛り込む。根管長測定器

 政府は新計画で、財政健全化の指標である基礎的財政収支(PB=プライマリーバランス)の黒字化時期を25年度とする調整を進めている。目標達成に向け、増え続ける社会保障費を19~21年度にどれだけ抑制するかが焦点となっていた。根管治療機器

 総務省の人口推計(17年10月)によると、19~21年度に75歳以上の後期高齢者となる人口は約420万人と、16~18年度(約460万人)より1割程度少ない。終戦前後で出生数が少ない世代(1945、46年生まれ)が含まれるためで、財務省は今後3年の抑制幅を1・5兆円より小さくするよう主張していた。だが、厚生労働省は過去3年間に毎年1500億円前後の歳出抑制策を講じ、医療業界や利用者に負担を求めてきたこともあり、「従来以上の抑制は厳しい」と反発。調整を続けていたが、参院選を来年に控え、与党内からも厳しい枠の設定に懸念の声が上がり、数値の明記を見送ることにした。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/327511  

Posted by athena  at 16:04Comments(0)

2018年05月17日

5歳時の気管支喘息、アトピー性皮膚炎罹患と有意な関連

今回の検討においては、2歳時に保護者が回答するアンケート調査にて抗菌薬の使用歴について調査。5歳時にアレルギーがあるかどうかについてもアンケート調査を用いて評価した。回答が得られた902人の2歳までの抗菌薬使用の有無と5歳時のアレルギー疾患の有症率を比較し、抗菌薬の種類別の使用の有無とアレルギー疾患の有症率の比較も実施。アレルギー疾患に影響を与える因子を調整して解析を行った。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

その結果、2歳までの抗菌薬使用歴と5歳時の気管支喘息の罹患については調整オッズ比1.72、5歳時のアトピー性皮膚炎の罹患の調整オッズ比は1.40、アレルギー性鼻炎の罹患の調整オッズ比は1.65と、統計学的に有意な関連があった。抗菌薬の種類別の検討では、2歳までのセフェム系の抗菌薬使用歴は、5歳時の気管支喘息の罹患の調整オッズ比(1.97)やアレルギー性鼻炎の罹患の調整オッズ比(1.82)と関連があった。また、マクロライド系の使用歴は、5歳時のアトピー性皮膚炎の罹患の調整オッズ比と関連があったという。超音波スケーラー用チップ

今回の研究で示唆された結果は、抗菌薬曝露がアレルギー疾患に関与する機序の解明など、今後の課題も残している。研究グループは、今回の研究結果もあわせ、抗菌薬使用のリスクとベネフィットを考慮して抗菌薬使用を適切に決定することが重要だ、と述べている。

http://teeths.blog.wox.cc/entry280.html  

Posted by athena  at 15:29Comments(0)

2018年05月17日

5歳時のアレルギー疾患有症率、2歳までの抗菌薬使用と有意に関連

国立成育医療研究センターは5月10日、2歳までの抗菌薬の使用と5歳におけるアレルギー疾患の有症率との間には有意な関連があり、抗菌薬を使用した群でアレルギー疾患の発症リスクが高くなると発表した。この研究は、同センターアレルギー科の大矢幸弘医長、山本貴和子医師らのグループによるもの。研究成果は「Annals of Allergy, Asthma and Immunology」に掲載されている。根管長測定器

アレルギーの発症リスクを増やす要因は、性別・アレルギー素因などの個体要因に加えて、妊娠中の母親の喫煙に始まる胎児期から小児期の受動喫煙や大気汚染への曝露などさまざまな因子が関わっているとされている。海外では抗菌薬使用によるアレルギー発症のリスクが上がるとの報告があり、研究グループは、日本の子どもたちでも同様なのかどうか、生後2歳までの抗菌薬使用と5歳時のアレルギー疾患の関連について検討した。根管治療機器

今回の研究では、同センターで出産を予定した一般集団の妊婦(1,701名)や新生児(1,550名)をリクルートした出生コホート研究「成育コホート研究」のデータを使用。2003~2005年に妊娠した母親を登録し、現在もその母親と乳幼児について継続的に追跡調査を行っている。この追跡調査より、妊娠中や小児期のさまざまな曝露や生活様式などが子どもたちにどのように影響を与えるかを調査することが可能となる。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/327013  

Posted by athena  at 15:26Comments(0)