京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年05月16日

咀嚼機能の維持と認知症の関係などを解説しました

 その上で、今般取り上げられている課題については、「負担能力のある高齢者に、 応分の負担を求める議論は必要だが、負担能力の有無の判断は慎重な議論を要する」としました。また、「口腔の健康が全身の健康につながる一方、歯科では窓口負担率の増加は受診控えにつながる傾向があり、結果として全身の疾病の重症化を招き、医療費増加となることが強く危惧される」と指摘し、税と社会保障一体改革で、これまで積み重ねてきた議論と対応を踏まえるとともに、社会が一体となって患者を支える公的医療保険制度の精神を失わない議論を求めました。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 具体的な内容として、都道府県別に異なる診療報酬を設定することについては、「そもそも同じ制度の中で患者負担の地域差を生むことは大きな混乱を生じるとともに、不公平感からも国民の理解を得られないと考える。すでに始まっている第三期医療費適正化計画に地域で取り組み、その評価・分析を十分に行うことが先決」との見解を示しました。超音波スケーラー用チップ

 経済状況により給付率を自動調整する考え方については、「超高齢社会を生きる国民の社会保障への安心を損ない、公的医療保険制度を支える理念を放棄する議論と受け止め危惧している」として、「これまで長年にわたり、薬価改定を含む診療報酬、患者窓口負担、保険料等のバランスを、その時の社会情勢等を踏まえて慎重に議論して決定してきた対応を堅持するべきである」との考えを述べました。

 後期高齢者の窓口負担を一律2割に引き上げることについても、「高齢者の受診控え、疾病の重症化による医療費増加につながる」と危惧を示しました。

 さらに質疑応答の中で、「医療界も一致して財政状況の改善に向けて、健康寿命の延伸に向けて取り組んでいる」と理解を求めるとともに、「危機意識に基づいて税と社会保障一体改革等の対応に取り組んできた。その計画に基づく消費税率引き上げ等を粛々と行うことが先決ではないか」と問題意識を述べました。

http://teeths.blog.wox.cc/entry278.html  

Posted by athena  at 15:33Comments(0)

2018年05月16日

日歯、自民特命委で保険給付率自動調整案に危惧

 自由民主党の財政再建に関する特命委員会が5月10日(木)、都内の自民党本部で開催され、日本歯科医師会をはじめ日本医師会や日本薬剤師会、日本経済団体連合会、日本労働組合総連合会などにヒアリングを行いました。日本歯科医師会からは堀憲郎会長らが出席し、経済財政面の問題等について考えを説明しました。根管長測定器

 堀会長は、長寿社会における歯科界の基本的な取り組みとして、単に長く生きるだけでなく、「食べる」「話す」「笑う」という日常生活の基本機能を、人生の最後まで全うできるよう支えていくとした上で、「国民の健康寿命の延伸をもって医療の財政側面に貢献していく」と考えを示しました。根管治療機器

 また、口腔機能管理により、誤嚥性肺炎の発症が約 6 割以下に減少したことや、骨太の方針2017の歯科医療の記載にもつながった、口腔機能管理の実施により在院日数が減少したデータなど、口腔の健康と全身の健康の関係を説明。特に、周術期口腔機能管理の徹底により、がん治療の医療費が約15%減少した大阪警察病院でのデータを基に、がん治療だけでも、国レベルで約6千億円医療費が節約できる可能性があることを示唆しました。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/326753  

Posted by athena  at 15:30Comments(0)

2018年05月14日

歯科医院間の患者争奪戦は激しく

 歯科医師国家試験の合格者は2017年が1983名で、ここ10年間では2010年の2408名をピークに毎年2000名前後で推移している。一方、日本の人口は2008年をピークに減少をたどり2017年10月1日時点では1億2670万人と前年比0.18%減で減少率は広がっている。国立社会保障・人口問題研究所によると、将来人口(中位推計)は2055年に1億人を割り込む見込みで、経営環境の改善は難しいのが実情だ。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 患者数が着実に減少をたどる中、厚生労働省が2018年3月に公表した「医療施設動態調査(平成30年1月末概数)」によると、歯科医院の施設数は6万8791カ所と10年前の2008年1月末の6万7840カ所から951カ所増えている。歯科医院は医療機器のリース導入で初期投資を抑えて比較的容易に開設できる。このため、患者数が見込める人口の多い首都圏や利便性の高い駅前などに歯科医院の開設が相次ぐ要因になっている。超音波スケーラー用チップ

 歯科医院間の患者争奪戦は激しく、保険診療だけの経営維持は難しくなっている。生き残りをかけて自由診療のインプラントやホワイトニング、美容歯科など、独自色を出した集客競争が繰り広げられている。さらに、ここにきて歯科衛生士、事務スタッフなどの人手確保へのコスト上昇も大きな課題に浮かび上がっている。

 テナント代や設備投資に加え、詰め物金属など歯材コストも上昇し、歯科医院の経営は年々難しさを増している。こうした環境を反映して2018年4月も2件の倒産が発生しており、歯科医院の倒産は小規模医院を中心に増加をたどる可能性が高い。

http://teeths.blog.wox.cc/entry276.html  

Posted by athena  at 17:36Comments(0)

2018年05月14日

「歯科医院」の倒産が急増、2017年度は23年ぶりの20件

 2017年度(4月-3月)の「歯科医院」の倒産は20件で、前年度からほぼ2倍増(前年度比81.8%増)と大幅に増加した。年度では1994年度(20件)以来、23年ぶりに20件台となった。根管長測定器

 負債総額は11億500万円(同36.2%増)で、件数増で膨らんだ格好。年度では5年ぶりに増加したが、負債1億円未満が18件(構成比90.0%)と大半を占め、小規模な歯科医院の倒産が多い。根管治療機器

 歯科医院は開業時の設備投資はリース充当などで自己資本を多く必要としていないため参入のハードルが低く、繁華街や中心部など人の集まる地域で開設が相次ぎ、競合が激化している。一方、人口減による患者減少や歯科衛生士などの人件費上昇も深刻で、小規模な歯科医院が苦境に立たされる厳しい実態を浮き彫りにしている。

※ 本調査は、「日本標準産業分類 小分類」における「歯科診療所」の倒産を集計、分析した。

◇「歯科医院」倒産は20件
 2017年度の「歯科医院」倒産は20件(前年度比81.8%増)で、2年連続で前年度を上回り、前年度の11件からほぼ2倍増と急増した。年度では2015年度が7件、2016年度が11件と落ち着いていたが、1994年度の20件以来、23年ぶりに20件台に乗せた。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/325198  

Posted by athena  at 17:31Comments(0)

2018年05月11日

ヒト口腔がんマウスで高い治療効果を発揮

今回、研究グループは、糖タンパク質であるポドカリキシンに注目した。ポドカリキシンは細胞の外に大きな領域を持つ膜タンパク質であり、細胞外領域には糖鎖が多く付加されている。ポドカリキシンは、脳腫瘍や大腸がん、乳がん等のがん組織において高い発現が見られ、ポドカリキシンの過剰発現は、患者の病状の進行やがんの転移とも関係があることが報告されていた。しかし、口腔がんではポドカリキシンに関する報告がなかった。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

今回の研究では、東北大学が作成したポドカリキシンに対するモノクローナル抗体を改変し、がん細胞で発現しているポドカリキシンに対して反応性を高めた抗体を開発。一般に、抗体はYの字型をしており、分子を特異的に認識する2つの腕の部分と一つの胴体部分を持つ。今回の研究では、抗体の胴体部分におけるタンパク質のアミノ酸配列や糖鎖の修飾部分に対して複数の改変を加えることにより、口腔がんを移植したマウスモデルで高い抗腫瘍効果を示す抗体を作製することに成功したという。超音波スケーラー用チップ

この研究成果により、改変を加えた抗ポドカリキシン抗体が、難治性の口腔がんに対し、より効果的な新たな分子標的薬となる可能性が示唆されたと研究グループは述べている。

http://teeths.blog.wox.cc/entry274.html  

Posted by athena  at 11:19Comments(0)

2018年05月11日

開発が望まれている糖タンパク質に対する分子標的薬

東北大学は4月26日、ヒト口腔がん細胞に高発現する糖タンパク質のポドカリキシンに対して、がんの増殖を抑制する抗体を作製することに成功したと発表した。この研究は、同大未来科学技術共同研究センター/同大学大学院医学系研究科抗体創薬研究分野の加藤幸成教授、同抗体創薬共同研究講座の金子美華准教授、山田慎二助教の研究グループが、微生物化学研究会の川田学部長、大石智一研究員の研究グループ、徳島大学大学院医歯薬学研究部の西岡安彦教授、阿部真治助教の研究グループ、東京医科歯科大学顎口腔外科学の原田浩之教授、板井俊介歯科医師の研究グループと共同で行ったもの。同研究成果は、米科学誌「Oncotarget」に掲載されている。根管長測定器

抗体医薬の開発では、創薬の標的となる分子を同定することが極めて重要だが、新規の標的分子の発見および解析は、いまだ非常に困難だ。これまでの標的分子の探索では、生体の膜タンパク質の本体(アミノ酸配列)に焦点が当てられてきた。一方、膜タンパク質のほとんどは多様な糖鎖によって修飾された糖タンパク質であり、糖タンパク質に対する分子標的薬の開発が望まれている。根管治療機器

加藤教授の研究グループではこれまでに、がん細胞のみに反応し、副作用を限りなく低減させた抗体医薬(CasMab:キャスマブ)の開発に複数成功。CasMabは、標的タンパク質の糖鎖とアミノ酸配列の両方を認識することが多く、新しい概念のモノクローナル抗体として開発が進行中である。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/324874  

Posted by athena  at 11:17Comments(0)

2018年05月10日

広がるがん治療選択肢…胃がんの”名医”語る最先端治療

「診断技術や治療法の進歩により、近年、がん医療に大きな変化が訪れています。それとともに がんの名医 という基準も変わってきています」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
 
そう語るのは、東京医科歯科大学特任講師で医療ジャーナリストの宇山恵子さん。2人に1人がかかるといわれる 身近な 病気であるがん。これまで高額だった治療もより 身近 になってきている。超音波スケーラー用チップ
 
「4月から、公的医療保険で受けられるがん治療の選択肢が拡大。それまで自己負担で200万円ほどだったロボット支援手術は、保険適用のがんの種類が増え、胃がんや直腸がんなども対象に。10万〜50万円で手術が受けられるようになりました。また、放射線治療でも富裕層向けといわれていた最新治療法が保険適用に。高額だった治療に、手が届くようになっているのです」
 
名医にはどんな変化が?
 
「技量や実績が申し分ないことは当然ですが、患者への対応がやさしくて、物腰がやわらかいことが最近の特徴。説明がわかりやすくて質問にもすぐに答えてくれる。自分よりも患者さん第一という姿勢を崩さない人たちです」
 
そんな がん新時代 。宇山さんが「名医と呼ぶにふさわしい」と判断した医師に、最前線の 治療現場 を伺った。

http://teeths.blog.wox.cc/entry272.html  

Posted by athena  at 12:02Comments(0)

2018年05月10日

歯のかぶせ物、白が人気です 新技術+保険適用で身近に

 デジタル技術を使った新しい歯のかぶせ物の公的医療保険の適用が広がっている。白いため銀歯より自然に近く、付け替える人もいる。口腔(こうくう)内スキャナーによる型どりも保険適用されるようになると、患者の苦痛が減って製作期間も短縮できる。根管長測定器

 東京都大田区の美容師小林大輔さん(42)は、5本の歯に銀歯が入っていた。笑うと銀歯が見えるのを気にしていた。子どもにからかわれたこともあった。根管治療機器

 昭和大歯科病院(東京都大田区)で昨年2月、銀歯を白いかぶせ物に替える治療を始めた。4本は「CAD(キャド)/CAM(キャム)冠」にした。公的医療保険が使え、自己負担は1本約8千円。医療保険が適用されない1本は自費診療でセラミック冠を入れ、約8万円かかった。

 小林さんは「歯を気にせず笑えて、お客さんにも口を大きく開けて説明できるようになった」と喜ぶ。

 CADとCAMはそれぞれ、コンピューター支援による設計、加工を意味する。CAD/CAM冠はこれらの技術で造られたかぶせ物「冠」だ。それまでは、銀歯と硬質レジンジャケット冠、セラミック冠が主な選択肢だった。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/324202  

Posted by athena  at 11:59Comments(0)

2018年05月08日

昭和大学が2019年度入試で新制度導入!

◆2019年度入試 医学部一般選抜(I期)入試利用の歯学部、薬学部併願について

【制度の概要】
1.医学部志願者のうち、歯、薬学部も同時併願希望の場合、入学検定料は正規料金に比べ減額
2.医学部選抜I期の1次試験[学力:4教科]を受験(前日の歯、薬学部選抜I期も別に受験可能)
3.医学部選抜I期の1次試験合否判定方法 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
(1)医学部の合格基準に達した者(歯学部、薬学部の合格基準にも達した者)
   →医学部2次試験(歯学部、薬学部も受験権利はある)
(2)医学部の合格基準には達しないが歯学部、薬学部、または両方の合格基準には達した者
  (医学部、歯学部、薬学部それぞれの合格最低点は異なる)
   →歯学部、薬学部、または両方の2次試験 
4.医学部2次試験において医学部と共通問題の小論文試験を受験。その後、該当学部の面接試験。
  ※2学部以上合格し面接試験となる場合は、希望順位上位の学部のみ面接試験 超音波スケーラー用チップ

【試験日】
・一次:平成31年1月25日(金)※学力試験(地方会場:大阪・福岡もあります)
・二次:平成31年2月2日(土)または3日(日)※小論文・面接(一次合格者のみ)

【募集人員】
 歯学部:3名、薬学部:5名

【入学検定料】
<歯学部併願> 9万円
  通常:医学部6万円+歯学部5万円 合計11万円 ※2万円減額
<薬学部併願> 7万円
  通常:医学部6万円+薬学部3万5,000円 合計9万5000円 ※2万5000円減額
<歯学部、薬学部併願> 10万円
 通常:3学部合計14万5,000円 ※4万5,000円減額

【転部入学制度の適用】
  入学後の1年次成績によっては転部入学制度により2年次からの学部の変更も可能!
 (例:歯学部1年→医学部2年、薬学部1年→医学部2名、薬学部1年→歯学部2年など)

http://teeths.blog.wox.cc/entry270.html  

Posted by athena  at 16:34Comments(0)

2018年05月08日

平成30年度日本学校歯科医会記者会見を開催

平成30年4月18日(水)、歯科医師会館の702会議室にて、川本強会長、齋藤秀子副会長、柘植紳平副会長、平塚靖規副会長、長沼善美専務理事、広報担当の佐々木貴浩常務理事、学術担当の野村圭介常務理事、生涯研修制度担当の竹内純子常務理事が出席のもと、平成30年度記者会見を開催いたしました。根管長測定器

川本会長は冒頭、①中学校の歯科保健教育に歯周病および歯肉炎についての課題解決学習が位置付けられたこと(※1)②健康保険(今回の診療報酬改定)の中に、学校歯科医と乳児期・学齢期の口腔機能が評価されたこと(※2)の2つの喜ばしい事柄を、長年に渡る本会の文部科学省への要望と学校歯科医の学校歯科保健活動による成果として紹介しました。根管治療機器

続く担当役員による報告では、それぞれ副会長・常務理事が「平成28年度の学習指導要領改訂および29年度の学習指導要領解説」、「本会の学校歯科医生涯研修制度」、「本会の小児口腔機能発達不全症への今後の取り組み予定」について説明しました。 質疑応答が行われた後、長沼専務理事が平成30年度の全国大会(沖縄県・鹿児島県)の紹介等を行い、閉会いたしました。

なお、今回ご出席いただきました新聞社は、以下の通りです。(順不同・敬称略)

・株式会社東京医歯薬出版社 ・日刊医療新聞社
・医療経済出版株式会社   ・株式会社第一歯科出版

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/323786  

Posted by athena  at 16:31Comments(0)