京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年07月18日

歯科口腔保健推進に関する意見交換会  重点5項目を提案・説明

 日歯は6月21日、厚労省内で「歯科口腔保健推進に関する意見交換会」を伊原和人・大臣官房審議官(歯科口腔保健担当)をはじめ医政局、健康局、労働基準局、子ども家庭局、老健局、保険局の課長や室長ら12名の参加を得て開催した。日歯からは堀憲郎会長はじめ副会長、専務理事、常務理事ら8名が出席した。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 日歯から平成31年度制度・予算に関する現時点での重点項目を中心に「医科歯科連携及び多職種連携の拡充による歯科医療提供体制の構築」「歯科保健医療の充実のための機能強化」「歯科衛生士及び歯科技工士の人材確保及び養成」「生涯に亘る健診事業の充実」「介護予防とフレイル予防における『口腔機能の向上』の推進」などについて、厚労省に提案・要望した後、意見交換を行った。超音波スケーラー用チップ

 また、意見交換会の冒頭、挨拶に立った堀会長は「骨太の方針2018」に触れ、歯科に関わる記載を「日歯の方向性が国と共有できている」と評価した上で、要望してきた内容の反映に言及。「口腔機能管理は『全ての国民に』いう拡がりが示され、また『地域での医科歯科連携の構築』という方針が明記された」と述べ、厚労省に積極的な対応を求めた。

 さらに、省令室への昇格を目前に控える「歯科口腔保健推進室」について、歯科口腔保健法の理念に基づく政策の推進と、厚労省部局間だけでなく、省庁間においても司令塔的な役割を果たすよう期待を寄せた。

http://teeths.blog.wox.cc/entry350.html  

Posted by athena  at 15:15Comments(0)

2018年07月18日

平成30年度歯科医療関係者感染症予防講習会実施要領

実施要領
1.目的
歯科医療従事者に対してエイズや肝炎等の感染症予防等に関する講習を行い、歯科保健医療の安全の確保を図ることを目的とする。根管長測定器

2.事業の実施主体
厚生労働省の「歯科医療関係者感染症予防講習会実施団体公募要領」に基づき、日本歯科医師会が受託し、当該都道府県歯科医師会の協力のもと実施する。根管治療機器

3.事業内容
(1)受講対象者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士等)。
(2)講習内容は、エイズや肝炎等の感染症予防等、歯科医療及び歯科衛生の安全を図るために必要とされる事項に関する講義及び実習とする。

4.開催日・会場・研修テーマ・講師
・研修テーマ:歯科診療に必要な感染予防対策の実情

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/353261  

Posted by athena  at 15:11Comments(0)