京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年08月08日

痛くないなら問題がない、訳ではない

デラウェアのウィルミントンで開業している口腔外科医のLouis K. Rafetto氏は、親知らずは他の歯とは違うと言います。Rafetto氏は「Christiana Care Health Systems」の口腔顎顔面研修医制度のインプラント手術と肺胞再造のディレクターであり、米口腔顎顔面外科学会の元会長でもあります。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

Rafetto氏は、親知らずは他の歯よりも病気の影響を受けやすく、食事や他の用途で親知らずを使う必要はないと言っています。

また、親知らずは最後に生えてくるので、他の歯よりも狭いスペースに押し入ることになり、そのため歯が過密になりやすいと説明します。したがって、間違いなく検診はしなければなりません。

通常は、体に何か問題があった時に治療を受けます。しかし、この方針は親知らずにはまったく有効ではありません。Rafetto氏は「症状がないからといって、病気がないわけではありません。ただ症状がないだけです」と言います。超音波スケーラー用チップ

つまり、親知らずが痛くないからといって、問題がないと思ってはいけないということです。親知らずが痛んでからでは、実際の状態は悪いことがあります。

Dodson氏は、20歳以上で親知らずを抜かない選択をした患者の60%以上が、20年以内に少なくとも1本は抜かなければならなくなっていると言います。Rafetto氏は、“頻繁かつ予期せず”問題が起こる歯を抜かないのであれば、まめに歯医者に行ってチェックしてもらわなければならないと言います。

親知らずは虫歯や歯周病のリスクを増加させます。しかし、そのような問題を抱え続けながらも、歯ブラシやフロスをして、残りの歯に問題が起こらないようにします。

親知らずを抜かずに、他の歯が虫歯や歯周病にならないように保ち続けられるのでしょうか? Dodson氏は言います。

普通はできません。奥歯の後ろにある親知らずは届きにくく、きれいにするのは難しいです。届いたとしても、部分的に生えている歯をきれいにするのはほぼ不可能です。

http://teeths.blog.wox.cc/entry376.html  

Posted by athena  at 12:31Comments(0)

2018年08月08日

抜くべきか…

親知らず抜歯賛成派の人たちは、結局問題が起こる可能性が高いので、問題が起こる前にリスクが低い手術で抜くのがいいと言います。リスクが増加する前というのは、つまり年齢に関係があります。根管長測定器

米口腔顎顔面外科学会の白書では、レンタカーを簡単に借りられる年齢(米大手レンタカーの年齢制限は25歳)になる前に抜いた方がいいと主張しています。白書で引用した論文では、25歳以上の患者は、手術の拒絶反応が起こる確率が2倍になると言っており、リスクは年齢と共に上がり続けます。根管治療機器

シアトルのワシントン大学口腔顎顔面外科教授であり、附属病院の小児歯科部長兼副院長であるThomas B. Dodson氏はこのように言います。

大抵、親知らずの根が完全に形成される前の思春期(青年期)の間に抜くのをすすめていました。若い患者の場合、回復が早く、術後の合併症のリスクが高齢の患者よりも低いのです。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/358432  

Posted by athena  at 12:29Comments(0)