京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年08月20日

「ワンピース型」インプラントのリスク、顎骨壊死や神経症も

 歯医者に何度通っても、虫歯は治るどころか再発し、挙げ句の果てには、「歯を全部抜いてしまいましょう」──密室の診療室で歯医者の言うことばかり聞いていたら、一生悔やむ事態になりかねない。100人以上の歯医者、歯科衛生士、歯科技工士に取材を重ねた岩澤倫彦氏が緊急レポートする──。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 私は約10年前に、インプラント治療を受けた。入れ歯のように外れる不安もなく、自分の歯のようにしっかり噛めるので、食事もうまい。見た目も自然だ。超音波スケーラー用チップ

 ただし、インプラントは歯科医の技術格差が大きく、選択を間違えると、深刻なトラブルが起きる場合もある。

 まず、注意したいのが「格安・誇大広告」のクリニック。

 数年前から、費用が1本10万円以下の格安インプラント・クリニックが台頭しているが、大半が「ワンピース型」と呼ばれるタイプを使用する。

 インプラント治療はチタン製の人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋入させ、支台(アバットメント)を装着して人工歯を固定する。この基本タイプが「ツーピース型」と呼ばれ、一方で人工歯根と支台が一体化したものが「ワンピース型」だ。

http://teeths.blog.wox.cc/entry394.html  

Posted by athena  at 11:18Comments(0)

2018年08月20日

榮倉奈々、初の歯科医師役に挑戦 高橋一生主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』追加キャスト発表

 カンテレ・フジテレビ系の10月期火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』の追加キャストとして、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉(アンジャッシュ)、田中泯、戸田恵子、小林薫の出演が発表された。根管長測定器

 高橋一生が民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマで初主演を務める本作は、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝の日常を描く人間ドラマ。今回、主演の高橋に続く6名のレギュラーキャスト陣が発表された。根管治療機器

 榮倉が演じるのは、歯科医師で一輝が通う歯科クリニックの院長・水本育実。容姿端麗で若くして院長を務める、まさに才色兼備で、周りからもうらやましがられるような人生のはずだが、真面目で頑張りすぎてしまうがゆえに正論を言い放ち、周囲からは冷ややかな目で見られてしまう“こじらせ気味”な一面も。一輝の担当医となるものの、話を聞かなかったり、診察時間を守らなかったりする一輝に腹を立て、「常識ってものがないんですか?」などときつく当たってしまう。しかし、一輝が時折発する物事の核心を突く一言に、次第に心を動かされていく。

 7年ぶりにフジテレビ系連続ドラマにレギュラー出演する榮倉は、本作で初の歯科医師役に挑戦。自身が演じる育実について、榮倉は「演じさせていただく水本育実は、人からうらやましがられるようなエリートではありますが、人との関係を築くことに不器用に見えました」と分析。さらに、「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました。皆さまとの共演を今から楽しみにしています」と期待を覗かせた。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/360243  

Posted by athena  at 11:15Comments(0)