京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年08月22日

虫歯や歯周病の予防、歯の欠損部分に人工歯根を埋めて人工歯冠をつくるインプラントなどが近年増えた

食物をのみ下す嚥下(えんげ)を訪問診療で指導することも当たり前になってきた。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 船井総合研究所の砂川大茂シニア経営コンサルタントのもとには、歯科医院の引き受け手を探してほしいとの相談が寄せられる。大半が高齢の医師。経営を改善したいと訪れる歯科医には、「自由診療も含めた治療情報を患者にきちんと提供し、得意な治療領域を伸ばしたほうがよい」とアドバイスしているという。超音波スケーラー用チップ

 日本では、保険ですべて治療したい患者が多い。ただ、海外を見渡すと、同様な考えの国は韓国など限られており、自由診療の国が目立つ。英国やフィンランド、スウェーデンは20歳前後まで無料で、成人すると自己負担で治療するという。

 日本では、インプラント、審美性に優れたセラミックのかぶせもの、ホワイトニングなど美容的な治療が自由診療になる。保険診療が1~3割の患者負担に対し、自由診療だと全額自己負担。患者の懐には厳しいが、医院経営には潤いをもたらす。

http://teeths.blog.wox.cc/entry398.html  

Posted by athena  at 11:24Comments(0)

2018年08月22日

歯科業界関係者は、そう打ち明ける。首都圏でも、東京都心や横浜市内での勤務医募集だと応募があるが、埼玉県などは難しい

衛生士も足りず、人件費が上昇。縁故の強い業界だけに、新規採用に苦労する。駅前など好立地の医院は高い賃料が重荷になる。かつて約4千万円だった開業資金は、最新機材の費用がかさんで今や約6千万円……。歯科医の悩みは絶えない。根管長測定器

 こうした苦労の一方で、私立大学歯学部卒業には数千万円かかる。教育投資に対するリターン(報酬)が減り、子どもを後継者にしない歯科医もいる。文部科学省の17年度の集計では、計17ある私立大歯学部のうち、7大学が定員割れだった。根管治療機器

 歯科医療を取り巻く環境は、大きく変わってきた。かつては虫歯の治療や入れ歯づくりが多かったが、最近は虫歯が減った。厚生労働省によると、12歳児の虫歯の数は、1989年に平均4.3本、15年は同0.9本だった。年をとっても自分の歯が多く残る人が増えている。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/360379  

Posted by athena  at 11:21Comments(0)