京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年09月14日

高橋一生主演ドラマ、共演に榮倉奈々ら

高橋一生が連続ドラマ初主演をつとめる新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系、火曜夜9時)。その共演者が発表された。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

同ドラマは、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝の日常を描く、コミカル・ハートフルドラマ。今回発表されたキャストは、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉(アンジャッシュ)、田中泯、戸田恵子、小林薫の6名で、榮倉は7年ぶりフジテレビ系連ドラレギュラーで初の歯科医師役となる。超音波スケーラー用チップ

マジメで頑張り屋さんな性格があだとなり、こじらせ気味の歯科クリニック院長役をつとめる榮倉は、「演じさせていただく水本育実は、人からうらやましがられるようなエリートではありますが、人との関係を築くことに不器用に見えました」と分析。そして、「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました」とコメント。

また、主人公と同じ研究室で働く准教授役の要は、「主演が高橋さんということで、今一番輝いている俳優さんだと思うので、共演できることをうれしく思います。と同時に、同い年ということで、団結しやすいと思いますし、逆に刺激も与えられやすいと思いますので、今から非常に楽しみです」と意気込みを語った。同ドラマは、『僕の生きる道』シリーズなどを手掛けた橋部敦子による完全オリジナルで、10月スタート予定。

http://teeths.blog.wox.cc/entry432.html  

Posted by athena  at 11:16Comments(0)

2018年09月14日

「安置所に自分の患者が」=歯科医、涙抑え身元確認-厚真町・北海道地震

「遺体安置所には多くの自分の患者がいた」。北海道を襲った地震による土砂崩れで36人が亡くなった厚真町で歯科医院を営む吉住彰郎さん(47)は、警察からの依頼で犠牲者の身元確認作業に携わった。歯型や治療痕が生前の特徴と一致するかどうか調べるためだが、「顔が分かっている分つらかった。でも、誰かがやらないといけない」と、遺体に向き合ったという。 厚真町に歯科医院は二つだけ。カルテを持ち、遺体安置所となった児童会館の建物に入ると、黒い袋に包まれた多くの見知った顔があった。 医院に長年通っていた女性の変わり果てた姿もあった。根管長測定器

「傷だらけで、口の中に土砂が入り込んでいる人もいた」。息を吸い、あふれそうになる涙を抑えた。 「何かをやっていた方が気が紛れる」と、すぐに地元商工会のメンバーと避難所で炊き出しを始めた。診察用の応急キットを持ち出して避難者の歯を診て回った。慣れない生活により、ストレスで歯を食いしばるため、歯ぐきが腫れて痛いと訴える人もいた。 もともとは道内の沼田町出身。大学を卒業後、約18年前に開業した。厚真町を選んだのは「たまたま」だと言うが、住民と出会ってこの地が好きになった。歯科医にもかかわらず今は商工会の理事も務める。根管治療機器

「けっこうしんどいけど、楽しいから助けたいし、やってあげたい」 断水が続く中で、ペットボトルの水を使い医院も再開した。「これからどうなるんだろう」と不安を隠せないが、「少しずつ皆が仕事し始めて、町が元通りになるところにこぎ着けたのではないか」と話す。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/363913  

Posted by athena  at 11:14Comments(0)