京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月12日

顔のたるみ、原因は?歯科医師が教える「たるみ対策」3つ (二)

■顔ヨガにプラス!おすすめのたるみ予防3つ(1)筋膜リリース
筋膜ラインに対して、マッサージのように圧をかけて解放する方法です。
筋肉が硬くなっている筋膜ラインがあると、痛みを引き起こします。痛みの出ている部位は、トリガーポイントといいます。痛すぎる部位は慣れてくるまでは軽めにリリースします。
この方法は、リンパの流れや血流量の向上のメリットがあります。筋肉の弾力が向上するため、顔ヨガ前のウォーミングアップには最適です。
ただし、体調の悪いときには避けることをおすすめします。 歯科根管治療用

(2)咀嚼筋マッサージ
表情筋につながる筋肉に、咀嚼筋が4つあります。
咬筋・側頭筋は、顔に触れて触ることができます。内側翼突筋・外側翼突筋は口の中からしか筋肉に触れることができません。顔の外と中の両方から、咀嚼筋を通じて表情筋をほぐしてみましょう 。
(3)細胞内からのリセット方法
オートファジーという細胞の機能を使うことで、皮膚のハリや艶を出す効果があります。
具体的なオートファジーの機能を発揮させる方法は「ファスティング(断食)」です。オートファジーとは、タンパク質のリサイクル方法の1つで、修復できなかった細胞内の異常タンパク質が、ア ミノ酸に分解されてリサイクルされる際に関与します。 歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器

オートファジーは、細胞内あるいは生体内のタンパク質が不足してきた場合に活発になります。つまり、食べるタンパク質の量を減らすことやファスティング(断食)によりオートファジーの働き が活発になり、異常なタンパク質や過剰なタンパク質の分解処理が加速されます。
皮膚の修復にも非常に関係のある機能です。

http://athenadental123.blogspot.jp/2017/09/blog-post_7.html



Posted by athena  at 15:39 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。