京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月26日

中国・武漢大学の研究者らが人間のう蝕(虫歯)を防ぐワクチンを開発したとして

ラットを用いた実験の結果、KFD2-rPAcという融合タンパク質が虫歯の予防と治療に効果があることがわかった。KFD2-rPAcは、大腸菌由来のKFと、口腔内に存在し虫歯の原因菌であるストレプトコッカス・ミュータンス由来のrPAcから構成される。この融合タンパク質は、隔膜表面のrPAcに対する免疫反応を高め、虫歯から効果的に保護し予防する。根管長測定器

将来的に研究者たちはワクチンの人体臨床試験を計画している。根管治療機器

これより前、米テキサス大学の研究者らが、患者の体内にあるがん細胞を10秒で発見できる新しい装置を発表した。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/284294



Posted by athena  at 16:39 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。