京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月30日

糖質制限が普及すれば歯周病と虫歯はこの世から消える

 歯周病と虫歯の発生は、一般に次のように説明されている。根管長測定器

(1)口腔内常在菌のミュータンス菌はショ糖を基質としてグルカン(ブドウ糖が結合した重合体)を生成。グルカンが歯牙表面に結合して歯垢となる。根管治療機器

(2)ミュータンス菌はショ糖や麦芽糖を分解して乳酸を産生するため、口腔内は酸性になり、エナメル質の脱灰(分解)が起こる。

 これらのことから明らかなように、虫歯や歯周病の原因はショ糖と加熱デンプンである(加熱デンプンは唾液中のアミラーゼの作用で麦芽糖に分解されるから)。

 先史時代の歯牙の化石には虫歯の痕跡はほとんどなく、同様に、穀物摂取をしていない各地の先住民にも虫歯がほとんどないことが報告されている。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/288901



Posted by athena  at 12:12 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。