京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月28日

献体された遺体は従来、医学生らの解剖学実習で使われてきた

 ただ、医師らの技術訓練に関しては明確な指針がなかったため、日本外科学会と日本解剖学会が12年にトレーニングのガイドラインを公表。生前に献体登録者と家族の承認を得て、実施する大学の倫理委員会に報告するなどの要件を満たせば可能となっていた。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 近年、患者への負担を減らそうと、腹腔鏡など内視鏡を使う手術が増加しているが、技術習得が難しいとされる。手術を受けた患者が相次いで死亡するなど、事故も起きており、技術向上は喫緊の課題となっている。一方、初期費用が高額で、トレーニングを導入する大学は一部にとどまっている。海外に渡って自費で訓練を受ける医師もおり、現場では国内での普及を求める声が上がっていた。超音波スケーラー用チップ

安全につながる サージカルトレーニングを取り入れている北海道大の七戸俊明准教授(消化器外科)の話
 内視鏡を用いた手術など新技術の導入には、扱える医師をどう育てるかが大切だ。実際の手術の前に献体された遺体で修練を積むことは、患者さんの安全にもつながる。トレーニングできる大学が増えれば、全国で高度な技術を扱える医師が増え、地方の病院でも先進的な手術を受けられるようになる。医療の地域格差も解消できるのではないか。

http://teeths.blog.wox.cc/entry142.html



Posted by athena  at 12:25 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。