京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年01月24日

インフル集団感染、患者死亡 郡上市民病院

 岐阜県郡上市民病院は23日、入院患者や職員ら計19人が院内でインフルエンザに感染し、うち入院していた90代の男性患者が死亡したと発表した。根管長測定器

 病院によると、男性は1月初旬から肺炎で入院していたが、18日にインフルエンザを発症。発熱などの症状が出て、22日に亡くなった。死因は肺炎。根管治療機器

 病院では、15日に患者2人、看護師1人のインフルエンザの発症を確認。その後も増え、23日までに患者16人、職員3人が発症した。ウイルスを検査したところ、いずれもA型だった。新たな発症者は22日は8人だったが、23日は1人に減った。

 感染拡大を防ぐため、18日から家族以外の面会を禁止。新たな入院、夜間救急の受け入れも中止する措置を取った。措置は今週いっぱい続ける予定。外来診療は通常通り行う。

 病院で記者会見した片桐義文院長は、感染が広がった原因を「発症者の中には認知症の患者もおり、マスクなどの防御をせず、院内を動き回ったことも一因と考えられる」と話した。

 同病院は、同市の中核病院で病床数は150床、現在139人が入院している。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/303494



Posted by athena  at 14:37 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。