京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月24日

アスリートと歯の健康

 ケガをしたり、体調を崩したりすると、早め早めに医療機関を受診することが多いと思いますが、意外と見過ごされやすいのは歯の痛みや口腔内のトラブルではないでしょうか。ところが虫歯などをそのまま放置しておくと痛みだけではなく、野球のパフォーマンスそのものにも大きな影響を与えるので注意が必要です。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

【虫歯になってしまうと治療するしかない】

 アスリートは筋肉を酷使して筋線維を傷め、それが修復されることで筋力強化につながりますが、歯は一度虫歯になってしまうとそのまま放置しておいても良くなることはありません。虫歯になってしまうと治療をする以外に選択肢はなく、治療を怠っているとやがて歯の神経にまで虫歯の影響が及んで抜歯しなければならなくなります。超音波スケーラー用チップ
 抜歯をしてしまうと同じ歯は二度と再生しないため、歯を失わないように日々歯みがきなどの口腔ケアを行い、虫歯にならないように気をつけること、また虫歯になった場合は早めに治療を行い、これ以上虫歯が進行しないように対応することが大切です。トレーナーの立場からしても口腔内のトラブルについては歯科医に委ねるしかないため、気がついた時点で歯科医院を受診するようにアドバイスします。

【歯の状態が悪いとパフォーマンスに直結する】

 虫歯の状態で痛みがあるときはプレーに集中することができないと思います。これはわかりやすい例ですが、この他にも歯の状態が悪く、たとえば虫歯で自分の歯を抜歯せざるを得なくなったときなどは歯の噛み合わせが悪くなり、フォームや身体のバランスが崩れて思うような筋力発揮が出来なくなることが指摘されています。虫歯の影響で片側のあごばかりで噛むようになると、顎関節(がくかんせつ)を痛めやすくなったり、左右のバランスに影響を及ぼすことも考えられます。

http://teeths.blog.wox.cc/entry250.html



Posted by athena  at 17:01 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。