京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年05月28日

欧州・中東・アフリカの3DコーンビームCTシステム市場は2023年に3億40万ドルに

幅広い市場を対象としている調査会社マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の調査レポート「欧州・中東・アフリカの3DコーンビームCTシステム市場:用途毎(歯科:口腔内、顎顔面外科手術、インプラント、歯列矯正、歯内療法、非歯科:放射線医学、ENT)、エンドユーザ毎(病院・クリニック、診断センタ) - 2023年までの市場予測」は、欧州・中東・アフリカの3DコーンビームCTシステムの市場規模は、2018年の1億9430万ドルから年平均成長率(CAGR)9.0%で成長して2023年に3億40万ドルに達するだろうと報告している。可処分所得や医療費の増加、医療保険利用の普及によって、様々な国で高額な美容処置を施そうとする意欲が高まっている。さらに、容貌をよくするための治療に対する支出増加は、歯科製品の需要を促進している。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

2017年の欧州・中東・アフリカの3DコーンビームCTシステム市場の最大のシェアを占めるのは歯科セグメント 超音波スケーラー用チップ

市場は、大きく歯科と歯科以外に区分できる。歯科セグメントはさらにインプラント、口腔内・顎顔面外科手術、歯列矯正、歯内療法、その他に区分できる。非歯科セグメントは、耳鼻咽喉科(ENT)と放射線医学に区分できる。歯科セグメントは2017年の欧州・中東・アフリカの3DコーンビームCTシステム市場の最大のシェアを占めている。欧州諸国では高齢者人口が増加し、技術向上や歯科インプラント処置における3D CBCTシステムの幅広い採用がすすみ、治療後の症状や評価への関心が高いことが、歯科用途のシェアが最大となる要因となるだろう。

http://teeths.blog.wox.cc/entry290.html



Posted by athena  at 15:52 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。