京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年06月11日

「健康寿命の延伸と歯科医療」 読売新聞社と勉強会を開催

 日本歯科医師会は読売新聞社とともに5月29日(火)、読売新聞東京本社で「健康寿命の延伸と歯科医療」をテーマに勉強会を開催しました。日本歯科医師会の堀憲郎会長をはじめ双方の関係者約25人が参加しました。根管長測定器

 勉強会では、日本歯科医師会の堀会長が歯科界を取り巻く環境の変化と、課題克服への歴史的な取り組みについて講演し、「日本の公的医療保険制度の歴史と歯科」「歯科が目指してきた方向性と目標」「過去10年の歯科界の対応 具体的な取組みと成果(エビデンスの収集と発信、8020運動、がん連携の推進、糖尿病及び認知症と歯科の関係の整理、4つの好事例)」「将来へ向けて(地域包括ケアと歯科医療、医療費抑制への試算、いわゆる『口腔ケア』の整理)」などの項目について説明しました。根管治療機器

 堀会長は、歯科医療と口腔健康管理※の充実が、全身の健康の向上につながる複数のデータを提示。また歯科の介入によって患者のQOLが劇的に向上した事例を3つの動画等で紹介し、歯科医療を取り巻く厳しい状況を踏まえつつ、地域包括ケアシステムの中で、在宅歯科医療、医科歯科連携、多職種連携を推進することで、国民の口腔機能の維持向上を図り、健康寿命の延伸に貢献していく方向性を示しました。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/335997



Posted by athena  at 10:58 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。