京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年06月14日

歯の治療が続く? トラブル傾向に当てはまる人は要注意!

■すでに前歯に差し歯が数本ある
犬歯間の3本以上が被せものになっている場合、歯ぎしりの影響を強く受けている可能性があります。特に奥歯は歯の治療があまりないのに、前歯にだけ被せものが多い場合は、歯ぎしりによる歯の破壊が起きているかも知れません。根管長測定器

■歯周病はないが歯ぎしりがある
歯周病で歯ぎしりの癖があれば、歯周病が進行して、欠ける前に歯がグラグラしてきます。健康な歯ぐきの状態で、特に前歯を前後に擦り合わせる癖がある場合は、前歯の差し歯を破損しやすくなります。根管治療機器

■被せもので歯並びを修正した
悪い歯並びを被せるとき修正した場合。歯ぎしり運動を無視して、見た目重視の形にすると衝撃が増え、元の形の様になるまで、差し歯を壊し続けることもあります。

■以前歯が欠けたことがる
歯が欠けたり、以前にもトラブルを起こしたことがある場合、噛み合わせが欠けた部分に強くぶつかっているため、そのまま形を元に戻すと同じ様に壊れることがあります。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/336992



Posted by athena  at 16:00 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。