京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年06月14日

歯ぎしりによる歯の破壊を防ぐ方法

残念ながら、歯にダメージを与える歯ぎしり自体の治療法は、現時点ではありません。そのため、歯ぎしりをしてしまっても歯を破損せずに済むようなマウスピース「スプリント」を歯科医院で作り、就寝中だけ口の中にはめておく方法をとることになります。これによって、歯ぎしりによる歯の破壊を防止することができます。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

マウスピースを使用しない一般的な対処法として、以下のような方法があります。

1. 前歯を短く設定する
被せものなどで形を優先すると、噛み合わせからみて余分な部分は欠けてしまいます。審美的に問題があるほど短く見える場合でも、噛み合わせからすると、正常な状態であることが多いのです。超音波スケーラー用チップ

2. 一度欠けたら同じ形は望まない
差し歯が欠けた場合、もしかしたら歯の根が折れて抜歯になっていたかも知れません。運良く欠けただけで済んだと思って、見た目が悪くても噛み合わせ優先の形に変更します。

3. 定期的に噛み合わせの調整を行なう
歯ぎしり破壊が起きない様に被せものを設定しても、歯ぎしりが被せもの以外の歯を摩耗させます。半年〜1年で定期的に噛み合わせの調整を行うと、歯ぎしり破壊の予防になります。

噛み合わせ優先の形は、歯の位置や上下の歯のバランスなどで決まるため、一般的には見た目がそれほど綺麗に見えないことが多いようです。ただし上下の歯を数多く一度に修正して、噛み合わせと見た目のバランスを修正できることもあるので、病院でよく相談するようにしましょう。

http://teeths.blog.wox.cc/entry308.html



Posted by athena  at 16:03 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。