京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年06月15日

医師による診断と 専門の医療施設での治療が必要

 どちらの治療においても、まずは医師による診断が必要であり、無呼吸症候群の検査、診断のできる専門の医療施設での対応となる。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 睡眠の質を蝕む睡眠時無呼吸症候群――。超音波スケーラー用チップ

 この病気には加齢や生活習慣の変化が関与していると言われており、今後ますます睡眠時無呼吸症候群の患者数は増加すると推測されている。

 睡眠時無呼吸症候群は、学力や労働生産性の低下等の悪影響を生むため、各個人が睡眠健康について自己管理をしていくことが重要である。

 繰り返しになるが、日常生活に支障があるような過度な眠気がある場合は睡眠時無呼吸症候群を疑うこと。そして、もし睡眠時無呼吸症候群である場合には、適切な治療を行い、睡眠の「質」の改善に努めてもらいたい。

http://teeths.blog.wox.cc/entry310.html



Posted by athena  at 16:11 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。