京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年07月06日

毅さんは3年前、肺炎での入院を機に

かむ力が弱ってしまった。どろどろした食事には「食欲がわかない」と手をつけず、痩せていった。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 困った由美子さんは、近所の同薬局に相談。様々なメーカーの商品を試食しながら、毅さんの好みに合いそうな品を試した。調理方法は電子レンジで温めるだけのものがほとんどで、由美子さんは「普通の皿に盛り付ければ、見分けがつかないものも多い」と驚いたという。超音波スケーラー用チップ

 「メインのおかずだけでも見栄えを良くする」「家族とメニューをそろえる」などと提案され、毅さんは亡くなる10日前まで、加工された漬物やグラタンなどを食べた。体力が回復し、時には普通の食事やおやつも楽しむことができた。

 介護用に加工した野菜や肉などの食材も販売されている。高齢者らの自宅を訪問する大阪府吹田市の管理栄養士、水島美保さんは、加工されたシイタケやこんにゃく、豚肉を使った豚汁、トンカツなどのレシピを、家族やホームヘルパーらに紹介する。「家庭の味に近いので飽きもこない。どろどろの食事を出し続けると、多くの人が食べるのをやめてしまう」という。水島さんとともに利用者宅を訪ねるケアマネジャーの内海りえさんは「最新の介護食や調理法は、介護スタッフでも知らないことが多い」と指摘する。

http://teeths.blog.wox.cc/entry334.html



Posted by athena  at 11:43 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。