京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年07月09日

定期的メンテナンスは必須。歯周病の重症化を防ぐ!

最近は予防歯科といって、3カ月〜半年間隔で、歯のクリーニングを勧める歯科医師が増えている。歯周病菌の温床と考えられている歯石や、細菌の塊であるプラークを取り除くのだ。根管長測定器

「歯石取りそのものが歯周病を防ぐというよりも、半年に1度くらい、口腔内をチェックしてもらうことで歯周病の進行を早く発見し、手当てできるという利点のほうが大きいのではないでしょうか」

「痛い」「高い」というイメージは歯科医院の問題だけでなく、歯周病や虫歯が進行して歯を抜く必要が出てくるから。定期的な口腔メンテナンスで必要最小限の治療を受けたい。歯がぐらついてから受診するより、全体的な治療費も安くなることが多いはず。根管治療機器

複数の歯科衛生士がいる、大型クリニックを選ぶ!

半年に1回通う歯科医院はどんな基準で選ぶべきか?

「これだけ歯科医院が多い今、非常に悩ましい問題です。正直、治療の腕は、院長一人で診療していて、患者数の多いようなところが信頼できることが多いと感じます。ただクリーニングの技術は歯科医師より歯科衛生士のほうがたけていることが多い。また、歯科衛生士が複数いる医院のほうが技術が安定しているという傾向があります」

歯周病予防を第一の目的とするなら、歯科衛生士の数が多いクリニックに行くことを本誌はお勧めしたい。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/350663



Posted by athena  at 12:24 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。