京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月16日

昼の傷、夜より早く治る?=細胞レベルの体内時計で-英研究所

 体が目覚めている昼間に負った傷ややけどは、夜間に負傷した場合に比べて早く治る可能性があると、英MRC分子生物学研究所などの研究チームが9日、米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 傷ややけどを負った直後に周囲から皮膚の線維芽細胞が集まり、コラーゲンを生み出して蓄積するペースが、昼間の方が速いためとみられる。遺伝子の働きが約24時間周期で変動する細胞レベルの体内時計が関与しており、将来は手術の際に薬物で体内時計を調節すれば、早く治るかもしれないという。超音波スケーラー用チップ

 英国のやけど患者118人(18~60歳)の治療記録では、午後8時~午前8時にやけどした患者がほぼ完治するまでに平均28日かかったのに対し、午前8時~午後8時にやけどした患者は同17日しかかからなかった。

 体内時計の中枢は脳にあり、目で昼間の明るさを感知して昼夜の周期に合わせる一方、全身の細胞レベルの体内時計を統合している。研究チームが夜行性のマウスで実験したところ、活動時間帯に皮膚を負傷した場合、周囲から集まる線維芽細胞が休息時間帯に負傷した場合に比べ、約2倍多かった。

http://teeths.blog.wox.cc/entry137.html
  

Posted by athena  at 15:33Comments(0)

2017年11月16日

“歯科衛生士復職支援”の必要性説く ―中医協総会

中医協総会が11月8日、都内のTKPガーデンシティ竹橋で開催され、「調査実施小委員会からの報告」、「横断的事項(その4)」について議論が行われた。根管長測定器

「横断的事項(その4)」の議論では、「医療従事者の多様な働き方支援・負担軽減医療従事者の常勤要件の見直し医師以外」に関して、日本労働組合総連合会の平川則男委員は「安全で適正な医療を提供することが前提」とした上で、「歯科衛生士については、要件緩和ではなく人員配置で対応すべき」との意見を述べた。根管治療機器

これに対して日歯常務理事の遠藤秀樹委員は、口腔管理において重要な役割を担っている歯科衛生士は、現状では歯科診療所の半数程度しか充足していない一方、出産等で職を離れ復職していない者が多数いると説明。その上で、「そういった歯科衛生士にパートなどでの復職を支援し、良質な歯科医療の提供を図ることが必要である。また、今回提示されている常勤要件の施設基準に係る診療項目については、歯科医師の他に医療専門職がともにいるという趣旨であり、パートの連携による人員配置でもその趣旨にかなう」との考えを示した。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1510737213
  

Posted by athena  at 15:29Comments(0)

2017年11月13日

健康保険証番号、個人ごとに=19年度から健診情報確認-厚労省

 厚生労働省は8日、健康保険証の番号を国民一人ひとりに割り当てて、健康診断の結果などを継続的にインターネット上で閲覧できるシステムを2020年度までに構築する方針を決めた。健康意識を高めてもらい、医療費削減につなげる狙い。新しい番号を記した保険証は19年度から順次発行し、20年7月までに切り替えを完了する。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 健康保険に加入する国内在住者ら1億人以上が対象。このため切り替えや、企業、自治体など健康保険の運営者側のシステム改修に要するコストが課題となる。超音波スケーラー用チップ

http://teeths.blog.wox.cc/entry136.html  

Posted by athena  at 12:38Comments(0)

2017年11月13日

歯科医師も驚く小学生のユニークアイディアが続々『Kid’s歯ッカソン in 札幌』 発表会開催

小学生が自分たちで考えた、これからの歯みがきアイディアを発表~

 ライオン株式会社は、札幌市、札幌市教育委員会の協力を受け、“いい歯の日”に合わせた11月8日(水)に
「Kid’s歯ッカソン in 札幌」発表会を札幌市立苗穂小学校で開催しました。根管長測定器

 『Kid’s 歯ッカソン』は、オーラルケアのアイディアを考える、これまでにない新しい取り組みとして企画され、今回は札幌市立苗穂小学校の小学6年生の児童 たちと、全4日8時間の授業を使って開催されました。根管治療機器
 
 11月8日の発表会では、児童約70名が14のグループに分かれて、自分たちで考えた歯みがきにまつわるアイディアを、寸劇や歌にしたり試作品を作ったりと、各チームが工夫を凝らした思い思いの形で紹介していきました。 「小型カメラが付いて汚れやむし歯が見える歯みがき」や、「寝ている間に自動で磨いてくれる歯みがき」「乳歯生え替わり期の子ども用入れ歯」など児童たちから飛び出したユニークなアイディアの多くに、アドバイザーとして参加した歯科医師からも「実際に歯医者で使ってみたいアイデアばかりです」と絶賛の声があがっていました。

 参加者した児童とその保護者の方々からは、「普段は考えない歯のことを考える良い機会になった」や「みんなの歯にまつわる体験を沢山聞くことができて良かった」「歯にまつわる良いアイデアが沢山聞けて面白かった」などと、自分たちで考えて学んでいくオーラルケアの取り組みについて話していました。

 ライオン株式会社の満武オーラルケア事業部長は、「周囲のアイデアを聞きながら、自然と児童たちのオーラルケアに関する興味が深まっていく良いプロジェクトだった。我々も思い付かないような、児童ならではのユニークなアイデアばかりで、実際に商品化してみたいものもあった。」 と、今回の取り組みと今後についての想いを語っていました。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1510215239  

Posted by athena  at 11:53Comments(0)

2017年11月09日

「小手先」は通用しない

A病院は、周囲に急性期病床や亜急性期病床が少ない地域の病院で、急性期と亜急性期の2つの機能を保つ必要がある。こうした地域の病院としてのやるべき役割を、当時の院長は副院長時代からずっと温め続けて、ちょうど出てきた地域包括ケア病棟という制度を活用することに決めたわけです。ですから、決断したのは、まだ「地域包括ケア病棟」という名前が決まる前の、中央社会保険医療協議会でコンセプトが示され、大筋で合意された段階というスピード感でした。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

塚越:あのスピード感はすごかったですね。

湯原:院長の強い意志で、やるべきことが決まっていたからできたことです。ですから、当時の院長が院長に就任するやいなや、院長の考えていることを定期的に院内にしっかりと伝えるための院長講話をスタートさせ、徹底した現場主義で院内の声に耳を傾け続け、改革の素地を徐々に作っていった。だからこそ、院内に改革の風土を醸成し、思い切った改革を実行することができたし、余裕のII群維持につながったわけです。超音波スケーラー用チップ

冨吉:小手先で何かしようということではない、ということですよね。大前提としてあるのは、やはり「医療の価値(質/コスト)」の向上。医療従事者たちを束ねる経営のトップである以上、大前提は患者側にしっかりと向いて医療の質を向上させなければならない。一方で、医療の質が向上するといって、コストを考えずに何でもやっていいというわけでもない。ですから、病院経営のトップは、しっかりと医療と経営のデータを検証し、熟考に熟考を重ねて、医療の質を担保した、最適コストの医療を目指さなければならない。

湯原:副院長時代からずっと温め続けてきたことは、すべて何冊ものノートに書き留めてあったそうです。経営のトップとして、医療と経営の質を向上させるために、やるべきことを全部。

有名な話としては、中曽根康弘元総理大臣が同じことをしていましたよね。総理になる前から、自分が総理になったら何をやるべきか、すべてノートに綴っていたという。一国を背負う総理の話を持ち出すのは大袈裟に聞こえるかもしれませんが、病院経営のトップに立つということは、それくらいの覚悟が必要だということです。

病院経営は、本当に難しいです。単に経営を良くするのではなく、医療の質を担保し、医療の価値を向上し続けなければならないからです。そうした難しい病院経営を担うトップとして、大方針を打ち出し、それを絶対に曲げない強い意志というのは、さらに難しいことかもしれませんが、それこそが、II群病院であるための最重要項目であると思います。

http://teeths.blog.wox.cc/entry135.html
  

Posted by athena  at 16:09Comments(0)

2017年11月09日

最重要はトップの強い意志―鼎談 II群請負人

高度な急性期医療を提供する病院としての絶対的なブランドとも言える「II群」を手に入れるには何が必要なのか、その条件とは――。経営分析システム「病院ダッシュボードΧ」リリース直前の緊急企画として、数多くのII群病院の昇格・維持をコンサルティングしてきた「II群請負人」であるグローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのシニアマネジャーの塚越篤子、マネジャーの冨吉則行と湯原淳平が、II群昇格・維持の本質を語り合う連載。初回は、II群病院におけるリーダー像を探ります。根管長測定器

維持と脱落、明暗分けた理由

冨吉:急性期病院の絶対的なブランドである「II群」を目指すため、あるいはII群を維持するためには何が必要なのか、その条件とは何か。いきなり核心から話をしていきましょう。一番重要なことは何だと思いますか。根管治療機器

湯原:トップの強い意志でしょうね。

冨吉:はい、私も一緒で、病院長や理事長、病院管理者などのトップが、強い意志を継続することが最も重要だと思います。しかも、その強い意志を1年、2年と持ち続けないといけない。

塚越:そうですね、何がなんでも実現するという強く、ぶれない意志が必要。

冨吉:ブレてしまったがゆえに、ほんの数点の差でII群維持を逃してしまったという病院は、1つや2つの事例ではありません。

湯原:明暗が分かれたこんな事例もあります。ある自治体の病院は想定以上にオペ症例が集まっていて、II群に昇格しました。ただ、院内では「運良くII群になれた」というくらいの認識で、その後、II群を維持するための対策もしていなかったし、そもそもトップが「維持」を院内に意識させるようなメッセージを一切、発してこなかった。ですから、私はその必要性と重要性を何度となく指摘したのですが響かず、すぐに脱落してしまいました。

一方、この病院が脱落したのと同じ時期に、余裕のII群維持を果たしたのが、ほぼ同じ規模の公立病院であるA病院(公立、400床台)です。全国に先駆け地域包括ケア病棟の開設に踏み切り、急性期病床と亜急性期(回復期)病床を切り分けることで、急性期病床の重症度対策と平均在院日数短縮、診療密度向上の3つの最重要対策を同時に、一気に進めました。

これを実現できたのは、当時(2016年)の院長の意志が大きく関係しています。地域包括ケア病棟を作ることについて、院内の抵抗がかなりあった。ただ、抵抗勢力はあったものの、自分たちが本当にやりたいことは何かということを、当時の院長は突き詰めて、逆に「これしかない」という意志で、何が何でもII群維持を目指しました。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1510120994
  

Posted by athena  at 16:05Comments(0)

2017年11月08日

骨髄液から「あごの骨」国内初の再生医療 松本歯科大と民間企業が共同で臨床研究開始

 松本歯科大学(長野県塩尻市)は、化学メーカーなどと共同で、自動培養装置を使って患者の骨髄液から歯を支える骨などをつくる再生医療の臨床研究に乗り出した。国内においては初の試み。一連の技術が確立できれば、従来の約10分の1の設備費や人件費で治療できるようになる。研究を重ね、治療法を全国に広げたい考えだ。(三宅真太郎、写真も) 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 研究を主導するのは、同大の各務(かがみ)秀明教授のグループ。化学メーカー「カネカ」(大阪市)と空調設備メーカー「ダイダン」(同)と共同して取り組んでいる。超音波スケーラー用チップ

 事故による外傷や腫瘍、重度の歯周病などで歯を支えるあごの骨「歯そう骨」を失った人の骨を再生させ、インプラントなどにより新たな歯を固定するのが目的。これまでは、身体の別の部位から取った骨を移植していたが、出血や機能障害が起こり患者への負担が大きかった。

http://teeths.blog.wox.cc/entry134.html
  

Posted by athena  at 12:34Comments(0)

2017年11月08日

15歳女子高生に3万円 児童買春容疑で歯科医逮捕

 宮城県警は7日、女子高生(15)に現金を払ってわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、仙台市太白区の歯科医師狐塚雅弘容疑者(32)を逮捕した。根管長測定器

 逮捕容疑は8月30日深夜、知人の紹介で知り合った宮城県多賀城市の女子高生を18歳未満と知りながら、現金3万円を渡して容疑者の自宅でみだらな行為をした疑い。(共同) 根管治療機器

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1510048731  

Posted by athena  at 12:22Comments(0)

2017年11月07日

ついにトランプ大統領が緊急事態を宣言! 米国で「オピオイド」鎮痛薬の中毒死が急増

 国家的な不名誉――ドナルド・トランプ米大統領は10月26日、鎮痛剤の乱用による薬物中毒の拡大をこう呼び、公衆衛生の緊急事態を宣言した。米国では「オピオイド」と呼ばれる鎮痛剤の中毒で、毎日140人が死亡しているという。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

トランプ大統領は、「1日に薬物の過剰摂取で死ぬ人数の方が、銃による殺人や自動車事故の被害者の合計よりも多い」と指摘。その中毒死のほとんどは、オピオイド系鎮痛剤が一気に急増していることが原因だと述べている。

 トランプ大統領によれば、「オピオイド系の薬の1人あたり使用量は、アメリカが世界の他のどの国よりも圧倒的に多い」という。超音波スケーラー用チップ

 最近も、アメリカの一流誌『Journal of the American Medical Association(JAMA)』に<ヘロインやオキシコドンといった『オピオイド系鎮痛薬』の過剰摂取を原因とした死亡率は3倍以上に上昇し、余命を縮める要因となるかもしれない>という論文が掲載された。

 この研究はCDC国立傷害予防対策センター(NCICP)のDeborah Dowell氏らが実施したもの。2000年および2015年の死因別の死亡者数と死亡率を調べた結果、平均余命は76.8歳から78.8歳に延びていたが、薬物やアルコールなどの中毒による死亡率(人口10万人当たり)は6.2人から16.3人に増加。

 なかでも「オピオイド中毒」による死亡率(同前)は、3.0人から10.4人へと劇的に増加しており、これによって米国民の平均余命は2.5カ月間短縮したことがわかった。

http://teeths.blog.wox.cc/entry133.html  

Posted by athena  at 17:32Comments(0)

2017年11月07日

がん細胞は一日にいくつ発生している?

 「がん細胞は1日に5000個も生じます」なんてフレーズ、聞いたことありませんか。その後に、「がん細胞ができても、通常は免疫系によって排除されてしまうものの、免疫の攻撃からすり抜けるとがん細胞が成長して命を脅かします。だから免疫力を上げましょう」などと続きます。根管長測定器

 前回お話したように、がんにも免疫が働くことは確かです。「免疫監視機構」といって、がん細胞を免疫系によって排除する仕組みがあります。がん細胞が日常的に発生しているのはその通りなのでしょう。ただ、「1日に5000個」って、どうやって数えたのでしょうか?ずっと気になっていました。

 原典を引用しているサイトがないか、インターネットで検索してみたところ、興味深いことが明らかになりました。1日に発生するがん細胞の数がサイトによって異なるのです。冒頭で紹介した「1日に5000個」が一番ポピュラーでしたが、その他に、「数百から数千個」「毎日1000~2000個」「毎日1000~5000個」「毎日2000~4000個」「毎日3000個」「毎日3000~5000個」「毎日3000~6000個」「毎日4000~6000個」「毎日5000~6000個」「毎日1万個以上」「数万個から数十万個ほど」などという記述が見つかります。根管治療機器

 見つけた中で一番数字が大きいのは「毎日100万個」というのがありました。小さい方は「毎日数個」。幅が広すぎでしょう。引用元を明示しているサイトはほとんどなく、明示していても論文ではなく一般書でした。おそらく、それぞれのサイトで伝言ゲームのように引用し合ううちに、数字を盛ったり、書き間違えたりしたのではないかと考えられます。

 英語圏まで広げて検索してみましたが、一次文献までさかのぼることはできませんでした。いろんな情報を総合すると、フランク・マクファーレン・バーネットというオーストラリアの医学者が、突然変異の起こる確率、がん細胞の発生に必要な突然変異の数、一日に分裂する細胞の数などから推測したようです。それぞれの数字は仮定に基づくものですから、一日当たりに発生するがん細胞の数もかなり大雑把な推測に過ぎません。インターネットで検索して出てきた数字がバラバラなのは、ある意味、事実に即しているのかもしれません。

 なお、免疫力を上げるためにいろいろな方法が推奨されていますが、インターネットにはあてにならない情報もたくさんあるので注意してください。免疫力を上げたりがんを予防したりできることが証明された特定の食べ物やサプリメントはありません。

http://ulog.u.nosv.org/item/adental/1509524243
  

Posted by athena  at 17:15Comments(0)