京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年05月10日

広がるがん治療選択肢…胃がんの”名医”語る最先端治療

「診断技術や治療法の進歩により、近年、がん医療に大きな変化が訪れています。それとともに がんの名医 という基準も変わってきています」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
 
そう語るのは、東京医科歯科大学特任講師で医療ジャーナリストの宇山恵子さん。2人に1人がかかるといわれる 身近な 病気であるがん。これまで高額だった治療もより 身近 になってきている。超音波スケーラー用チップ
 
「4月から、公的医療保険で受けられるがん治療の選択肢が拡大。それまで自己負担で200万円ほどだったロボット支援手術は、保険適用のがんの種類が増え、胃がんや直腸がんなども対象に。10万〜50万円で手術が受けられるようになりました。また、放射線治療でも富裕層向けといわれていた最新治療法が保険適用に。高額だった治療に、手が届くようになっているのです」
 
名医にはどんな変化が?
 
「技量や実績が申し分ないことは当然ですが、患者への対応がやさしくて、物腰がやわらかいことが最近の特徴。説明がわかりやすくて質問にもすぐに答えてくれる。自分よりも患者さん第一という姿勢を崩さない人たちです」
 
そんな がん新時代 。宇山さんが「名医と呼ぶにふさわしい」と判断した医師に、最前線の 治療現場 を伺った。

http://teeths.blog.wox.cc/entry272.html



Posted by athena  at 12:02 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。