京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年09月20日

食べ物がのみ込みにくくなる摂食嚥下障害は加齢とともに増える

疾患も関係しており、脳卒中では患者の5~10%に残るとされる。障害が進むと流動食になるが、外出先で提供する店などは限られるため、高齢者が家に閉じこもりがちになる一因になっている。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 言語聴覚士(ST)は、ことばによるコミュニケーションやのみ込みに問題がある人のリハビリを業務とする。県言語聴覚士会はその一環として、「嚥下障害があっても外食を楽しめるようにしよう」と今春から独自に外食メニュー開発について検討していた。超音波スケーラー用チップ

 日本言語聴覚士協会によると、STがチェーンレストランと共同で嚥下食のメニューをつくるのは初めて。県言語聴覚士会の草野義尊会長は「食べられればいいという時代から、食べたいものを食べられる時代にしていかないといけない。メニューが定着すればさらに増やしていきたい」と話す。

 両メニューは前日までの予約が必要。当面の提供は、すぎのやが展開する「すぎのや本陣」の水戸内原、水戸県庁前、日立久慈浜、ひたち海浜公園前、笠間の5店舗で行う。問い合わせは、すぎのや(0297・36・0556)へ。

http://teeths.blog.wox.cc/entry440.html



Posted by athena  at 17:08 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。