京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2018年06月14日

歯ぎしりによる歯の破壊を防ぐ方法

残念ながら、歯にダメージを与える歯ぎしり自体の治療法は、現時点ではありません。そのため、歯ぎしりをしてしまっても歯を破損せずに済むようなマウスピース「スプリント」を歯科医院で作り、就寝中だけ口の中にはめておく方法をとることになります。これによって、歯ぎしりによる歯の破壊を防止することができます。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

マウスピースを使用しない一般的な対処法として、以下のような方法があります。

1. 前歯を短く設定する
被せものなどで形を優先すると、噛み合わせからみて余分な部分は欠けてしまいます。審美的に問題があるほど短く見える場合でも、噛み合わせからすると、正常な状態であることが多いのです。超音波スケーラー用チップ

2. 一度欠けたら同じ形は望まない
差し歯が欠けた場合、もしかしたら歯の根が折れて抜歯になっていたかも知れません。運良く欠けただけで済んだと思って、見た目が悪くても噛み合わせ優先の形に変更します。

3. 定期的に噛み合わせの調整を行なう
歯ぎしり破壊が起きない様に被せものを設定しても、歯ぎしりが被せもの以外の歯を摩耗させます。半年〜1年で定期的に噛み合わせの調整を行うと、歯ぎしり破壊の予防になります。

噛み合わせ優先の形は、歯の位置や上下の歯のバランスなどで決まるため、一般的には見た目がそれほど綺麗に見えないことが多いようです。ただし上下の歯を数多く一度に修正して、噛み合わせと見た目のバランスを修正できることもあるので、病院でよく相談するようにしましょう。

http://teeths.blog.wox.cc/entry308.html  

Posted by athena  at 16:03Comments(0)

2018年06月14日

歯の治療が続く? トラブル傾向に当てはまる人は要注意!

■すでに前歯に差し歯が数本ある
犬歯間の3本以上が被せものになっている場合、歯ぎしりの影響を強く受けている可能性があります。特に奥歯は歯の治療があまりないのに、前歯にだけ被せものが多い場合は、歯ぎしりによる歯の破壊が起きているかも知れません。根管長測定器

■歯周病はないが歯ぎしりがある
歯周病で歯ぎしりの癖があれば、歯周病が進行して、欠ける前に歯がグラグラしてきます。健康な歯ぐきの状態で、特に前歯を前後に擦り合わせる癖がある場合は、前歯の差し歯を破損しやすくなります。根管治療機器

■被せもので歯並びを修正した
悪い歯並びを被せるとき修正した場合。歯ぎしり運動を無視して、見た目重視の形にすると衝撃が増え、元の形の様になるまで、差し歯を壊し続けることもあります。

■以前歯が欠けたことがる
歯が欠けたり、以前にもトラブルを起こしたことがある場合、噛み合わせが欠けた部分に強くぶつかっているため、そのまま形を元に戻すと同じ様に壊れることがあります。

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/336992  

Posted by athena  at 16:00Comments(0)